眼精疲労で表れる身体の症状について

健康 2018年10月02日

近年は急速にネット環境が促進され、パソコンやスマホを見る
機会が多くなっていると思います。いわゆる眼精疲労という
症状ですが、初期には時間が経つと自然と治ります。

ただ、症状が継続し身体に影響が及ぶこともあります。
そうなってしまっては、何らかの手立てをしないと、仕事や環境
が変わらない限り自然治癒することは残念ながらありません。

まずは、眼精疲労で身体に異常をきたす原因について、知って
おきたいところですが、実際にははっきりとした原因はわかって
いません。

考えられるのは、物がみにくくなるため、不自然な姿勢をとったり
することで、肩こりなどが生じることです。

また、視力が低下すると、目を凝らしより集中力を高めようと、
緊張した状態が続き、頭痛やめまい、吐き気、倦怠感など
を引き起こしていることも考えられます。

さらには、精神的ストレスにより、目と身体の不調が同じ理由から
起こっていることも考えられます。

いずれにしても、普段の自分の生活習慣を一度しっかりと見直す
必要がありそうです。一つずつ原因をつぶしていきながら、
症状がどのように変わっていくのかがわかってくれば、うまく
眼精疲労とも付き合っていけるのではないでしょうか。

リフレアイ