歯のホワイトニングの際に起こる痛みについて知っておこう

健康 2018年9月22日

最近は歯のホワイトニングが身近なものになってきていますが、
ホワイトニングの際に痛みが生じるケースがあります。
治療時と治療後に起こる痛みの原因を取り上げます。

1.治療時に起こる痛み

・ホワイトニング剤が強すぎる
ホワイトニングには過酸化水素が使われますが、高濃度のものを
使うため、歯の表面にヒビがあると浸透して痛みを発す原因に
なります。

・施術中の熱によって歯が痛む
施術中に発生するホワイトニング機器の熱によって、知覚過敏な
人の場合痛みが発生する恐れがあります。

・歯の表面にヒビが入ったり先端が削れている
知覚過敏を起こすのは象牙質です。ホワイトニング液によって痛み
を感じます。

2.治療後に起こる痛み

・歯が過敏になっている
剥がれたペリクル層が再生されるまで、歯は刺激に弱くなっている
ので、ホワイトニング後24時間は冷たい飲み物などで痛みを感じる。

・ホワイトニング剤がカラダに合わない
個人差がありますが、体質のよりホワイトニング薬剤がカラダに合わ
ないことがあります。

このような症状がある場合は、我慢せずに歯科医に相談しましょう。

パルクチュールの詳細はコチラ