告白後待ち合わせ場所で2時間待ちぼうけ。

その他, 生活 2018年5月28日

高校生の時に同級生のお母さんが経営していた喫茶店に良く言って居ました。

ある日アルバイトで女子大生が入って来たのです、最初は何気なく話しをしていました、大学生で在る事、近くのアパートに住んでいる事、好きな物、嫌いな物など色々と話している内に私の方が好きになってしまいました。

 

学校が終わると毎日喫茶店に通う様になりました、同級生のお母さんが経営していたのでお金の心配はいりませんでした。通っている内に段々意識するようになり、言葉を選んで喋る様になってしまいました。嫌われたくないので口数も少なくなり、喫茶店に行くのに緊張感が出て来て行こうか行くまいか迷ったりもしました。こんな時こそ恋愛に関する心理は本当に役に立つ。ダメな恋を卒業したいなら

 

この時点で完全に好きになっていたと思います。毎日手紙を書いては捨て、渡そうと思い行っては渡せずに居たのです。この頃は意識のし過ぎで殆ど口をきいていません。私の態度で彼女も気付いていたと思います、そんな時卒論が忙しくなるので来週で辞める事を知りました。私は手紙を書きやっとの思いで渡したのです、何月何日どこどこの場所で待っている事を書きました。当日1時間も前からその場所で待っていましたが時間になっても彼女は来ませんでした、さらに待つこと2時間待ちましたが来ることは在りませんでした、それ以来彼女は喫茶店を辞めて会う事は在りませんでした。告白後待ち合わせ場所で2時間待ちぼうけ。

タグ: