爪水虫は自宅でケアできる?

健康 2018年3月27日

蒸れやすい季節、特に心配なのが水虫です。
水虫は市販薬でも塗り方さえ正しくできれば治せます。

毎年水虫を繰り返している人は、単に薬の塗り方を間違っているだけで、体質など難しい問題ではありません。

ただ放置したり、いつまでもきちんと治せないでいると厄介なことになりかねません。

厄介なのは爪水虫です。

皮膚をウロウロしている水虫は市販薬で治せるので、怖くはありませんが、本当に怖いのは爪水虫なのです。

爪水虫は皮膚にいた水虫菌が爪に移動した状態で、爪の中に入り込んでしまうと市販の水虫薬では効きません。

同じ水虫菌なのになぜ効かないかというと、爪の中まで成分が浸透しないからです。

どれだけ強い医薬品を使ったとしても、爪の中まで入って行かなかければ効くはずがないのです。

病院で爪水虫を治そうとすると、内服薬か外用薬かを処方されます。

内服薬は副作用が出やすいですが、効き目が高く、80%~90%くらいの治療効果があります。

一方の外用薬は良くて50%の治療率で、20%くらいの人しか治療できないという方もみえるくらいです。

病院の薬をもってしても外用薬はこれくらいしか効きません。成分は強いのに効かないということは、成分が患部まで届いていないということに他なりません。

そうなると、爪水虫をケアする方法は、病院の内服薬だけとなってしまいます。肝臓に障害がある場合、他に飲み薬を飲んでいる場合、妊娠中は使えません。

赤ちゃんに感染させないよう生まれる前に爪水虫を治したいというママも多いはずですが、内服薬は使えないのです。

そうなると、医薬品以外の商品で爪水虫をケアするしかありません。

現在、非常に評判の高いネイル用品が出ていますが、医薬品ではないので効果は不明です。

ただ使っている人が多く、口コミもそれなりにいい。

爪に浸透する能力が高いため、弱い成分でも爪水虫にいいそうです。使っているのは、竹酢液など昔から水虫用として使われていたもので、医薬品のような強力な成分は使っていません。だから授乳中の人はもちろん、妊娠中でも使って構いません。

それはクリアネイルショットといいます。

クリアネイルショットを使っている人のブログがあるので、気になる方は参考にしてみて下さい。

クリアネイルショットのブログ

タグ: