千葉県館山市にある館山城を見学して

その他 2017年11月11日

先日、千葉県館山市にある館山城へ行ってきました。
自宅から車で2時間ほどの道のりでしたが、御宿からは海沿いを走ったため、景色がとてもすばらしく、時間を感じさせないドライブとなりました。

館山市内に入ると、昔ながらの昭和の雰囲気を感じさせる建物が多くなり、懐かしさも感じます。
館山城は、館山市内でも小高い山の上に建っています。
城外にある駐車場に車を停め、お城を目指して遊歩道を暫く歩いて行くと、檻の中で孔雀が飼育されていました。
孔雀は大きな鳴き声を発することもなく、鮮やかな緑色の羽を広げ、私を迎えてくれました。

館山城下には、博物館と茶屋が併設されています。
入場料を支払い、城門をくぐると、目の前には立派な天守が現れます。
この天守は1982年に再建された城であり、1580年に里見義頼によって築城された元祖館山城ではありません。
博物館には、南総里見八犬伝と言う江戸時代に書かれた伝記を元にした資料が展示されていました。
私は歴史に関心を持っているので、大変興味深い資料でした。

今回もお城を通じて、様々な歴史を知ることができました。
館山城は、今後も城跡めぐりを続けたいと思わせてくれるお城でした。車買取に出す前には相場を知っておこう