美白化粧品の成分を比較してみた

美容 2017年10月30日

美白化粧品は化粧品の中でも人気があるタイプの化粧品です。ですが、この美白化粧品、いくつかのタイプに分けることが出来るのはご存知でしょうか?美白化粧品の成分を比較してみたので参考にしてみてください。

美白化粧遺品には大きく分けるとお肌を白くする働きがあるものと、お肌を黒くしない働きがあるものに分けることが出来ます。美白成分の代表格とも言えるアルブチンは、お肌を黒くしない働きを持つ成分です。エラグ酸、ビタミンC誘導体、カモミラET、トラネキサム酸、リノール酸、ルシノールといった美白成分も、同じように肌を黒くしない働きを持つ成分になっています。つまり、肌を白くするという効果を期待することは難しいということになります。

では、肌を白くする美白成分はあるのでしょうか?4MSKやエナジーシグナルAMP、ニコチン酸アミドW、ハイドロキノンといった成分が、肌を白くする成分となっています。今のお肌の状態に合わせて、今のお肌を白くしたいのか、黒くしたくないのかという点に注目して、美白化粧品に処方されている成分を選択していくことがおすすめということになります。一言で美白といっても、成分が違えば効果の出方には差が出てくる可能性がありますよ。

タグ: ,