口内炎の時に黒玉ジャムはキツイ!!

生活 2017年6月11日

食事中にピリっと来るあの痛み。口の中でちょっと舌が動いただけでピリッ!それは就寝中、夢の中でもお構いなしに襲ってきます。そうです口内炎です。口内炎って本当にイヤなもの。気がついたらもうそこにいるストーカーみたいですね。コイツのお陰で食事にだって気を使います。

村上祥子黒玉ジャムレシピや唐辛子の効いた辛い中華料理、それにラーメンだって傷に染みるのが耐えられずどうしても敬遠してしまいます。

なぜこんな小さなポッチに一日の僅かな憩いの時間まで奪われなきゃいけないのか。ストレス社会で戦う私達には避けて通れない敵なのか?それとも職場でコーヒーばかり飲んでいるからいけないのか?健康的とはお世辞にも言えない生活態度に神様が下されたささやかな罰なのか。

口内炎と戦う日々は孤独です。他人から見ればしょせんは口内炎。言葉に出すのは苦痛ではありますけど喋れないほど重症というわけでもないので、ぐっと我慢で乗り切るしかないのです。ところが私の我慢の日々はあっという間に終わってしまいました。「そんなに痛かったらパッチ使ったら?」私の友人の言葉でした。パッチという言葉と口内炎が頭の中で綺麗に結びついていない私でしたが、その友人の勧めるまま私はその夜すぐにドラッグストアを尋ねました。

口内炎の治療って選択肢がけっこう豊富なんですね。塗り薬を使った従来の方法から口内炎の潰瘍部分を塞ぐパッチ式、私が試しているサプリも薬剤師さんから一応説明されました。結局私はパッチ式の薬を買いました。

「黒玉ジャムは身体に良いけど、あまりストレス溜めないようにね」とは薬剤師のおばさんのお言葉。それは無理です、とは言えませんでしたが。パッチの効果は確かなもので、使っていながらほとんど差し障り無く食事ができる点ですでに感動。使用し始めて約三日で口内炎は消えていってくれました。さようなら口内炎!