検索エンジン最適化の意味をはき違えない

ビジネス 2017年4月01日

SEO(検索エンジン最適化)の意味をはき違え『無理やり上位表示させること』と思っている人がいます。
しかし、それは完全に間違いです。本来の意味は、決して無理やりページの評価をあげることではないのです。

SEOの本来の意味は「サイトの評価を適切に検索エンジンに伝える方法」です。
いくらサイト、ぺージの中身がすばらしいものでも、それを検索エンジンに伝えることができなければ、正しい判断、評価をすることができません。
そのようなことをなくすために、検索エンジン最適化が必要となってくるのです。

しかし、少し前にブラックseoという言葉が流行りました。
被リンクを当て、無理やり上位表視させるという手法です。
確かにビジネスが絡んでいるため、そういった有効な方法を使う人が出てくるのも当たり前であり、その方法も悪いとは言いません。
しかし、それはあくまでseoのうちの一つなのです。

少し前に合ったwelqの一軒で、なおさらseoについての誤解が広まっていきました。
「welqはグーグルの検索エンジンを攻略している」「キュレーションサイトは無理やりなseoで上位表示している」というものですね。

確かに、キュレーションサイトはグーグルの検索エンジンの考え方を見事に逆手に取り、上位表示させて収益化しておりました。
そういった、検索エンジンをだます方法で上位表示をしていたのです。

その結果、seoに関する内容がいろんな人に広まっていきました。
本来の意味とは違う意味で、検索エンジン最適化が広まっていったのです。
「むりやり上位表示させる方法だろ?」「seoって最低。」
そういう考え方、認識が広まっていきました。

実際に、welqに関するページではそういったことがたくさん書き込まれていたのです。
seoは悪。seoは最低。そのような内容です。

でも、違うのです。それはseoの一端であり、seoの本質ではありません。

そもそも、seoがなければ、正しい評価自体ができなくなることでしょう。
良いコンテンツを上位に表示させる…そういう思いがあるからこそ、そういった考え方もでてくるのです。

seoは決して悪ではありません。是非そのことを知っていただければと思います。

例えば「タイトルに狙うキーワードを配置する」というもの。
これもseoの初歩的な考え方です。
これが広間ているからこそ、自分のサイトに適した名前をサイトタイトルに、そして、そのキーワードで調べてきた人に対して適切な答えを用意できるよう、コンテンツを作りこんでいくのです。
そういった考え方がなければ、コンテンツの中身とある程度の相関はあったとしても、適切なタイトルをつけることができず、結果的にグーグルの思うようにはいかなくなってしまうことでしょう。

確かに、自己被リンクや有料リンクなどを使った過度なseoはいけません。
その行為は検索エンジンをあたしているのも同然です。
しかし、seo自体はすべきことであり、知っておくべきことでしょう。

ブログを運営するに当たり、知っておくべき基礎的なseoに関しては、こちらのページに書かれてあります。
ブログをこれから始めるのであれば、読んでおいて損はないでしょう。
参考:ブログにおけるSEO-アドセンスで飯を食うための施策-