髪パサパサの原因

美容 2017年3月04日

朝起きてみて鏡を見てみたら、髪がパサパサになっているのを見ると、憂鬱な気分になってしまいますよね。

なかなかまとまってくれないし、まとまってもパサパサな感じは残ってしまいます。

そもそもなぜ髪はぱさぱさになってしまうのでしょうか?

その原因の多くはヘアケアが大きくかかわってきます。

パーマやカラーリングは髪を傷める原因になるということは知っていますよね。

そのほかにも、髪を洗った後のケア方法でも髪がゴワゴワの原因になりうるのです。

例えばドライヤー。

髪を洗った後ドライヤーで乾かしていますか?

ドライヤーを使うと髪がパサパサになってしまうと自然乾燥に任せているなんていう人、それは間違いですよ。

髪を洗った後はしっかりとタオルドライをしてきちんと髪をドライヤーで乾かさないと、キューティクルがはがれてしまいそこから水分が抜けだしてパサパサの原因となるのです。

タオルドライするときも、ゴシゴシ拭かずにやさしく拭くようにしましょう。

髪パサパサが気になる場合には、まずヘアケア方法から見直してみましょうね。