ムダ毛処理の方法は毛を抜く

その他 2016年12月22日

ムダ毛の処理は、処理の仕方により脱毛と除毛、処理の方法により自己処理とサロンやクリニックでの脱毛と分けられます。基本的に自宅で脱毛する際の方法としては、次のようなものが挙げられます。①:毛抜きで1本1本引き抜く、②:脱毛テープを使用、③:脱毛ワックスを使用、④:家庭用電気脱毛器を使用、自宅での脱毛は、毛を毛根から引き抜くため、剃ったり切ったりするよりも毛の再生スピードが遅くなります。また、手軽にできることや、クリニックやサロンでの施術よりもコストが安いというメリットもあります。しかし、それ以上に肌への負担が大きく、肌トラブルへと発展しやすいという問題があるのも事実です。自宅での脱毛による主な肌トラブルには、以下のものが挙げられます。①:毛穴が開き、とり皮のようなブツブツ肌になってしまう、②:毛穴から菌が入って、炎症や化膿を引き起こす、③:埋没毛(皮膚の中で毛が育ってしまう状態)になりやすく、それを無理やり引き抜くと赤く腫れてカサブタができてしまう、④:脱毛テープやワックスは肌に強い刺激を与えるため、肌が弱いとかぶれたり赤く腫れたりしてしまう、自宅で脱毛する際は、肌へ極力負担をかけないよう、脱毛前後に十分なケアを行なうことが大切です。昔に比べて価格が安くなったり、施術を受けられる施設が増えたりしたことで、サロンやクリニックで脱毛を行なう方が増えてきました。

全身脱毛乗り換えおすすめは?口コミあり評判はどう?