何故漫画のような白くてキレイな腕ではないのだろうと、ときどき考えます。

健康 2016年11月21日

季節が寒い時期に差し掛かると、少し安堵します。なぜなら露出が減るからです。
体系的な意味もありますが、なにより素肌を見せなくてよいことが私の中で一番重要です。
よく友人と会うと、夏場はいつも腕や足に目がいってしまいます。みんなどのようにムダ毛を処理しているのだろうかと、ぼんやり思います。
昨今、家庭でもお店でもさまざまな方法、場所で対策をとることが出来ます。しかし、自分に合った処理方法は簡単に見つかるものではありません。
私自身が、いまだにどのような方法がベストなのか試行錯誤の真っ最中です。
私がムダ毛処理で一番悩んでいることは、いつもカミソリ負けをしてしまうことです。いくらキレイに毛を剃ることができても、誤って深く剃ってしまったところから血がでてしまったり、痕が残ってしまったりと結局キレイとは程遠い状態になってしまいます。
脱毛、脱色も試してはいるのですが、やはり肌に合わず真っ赤になってしまうことがほとんどです。
ここまでくると、専門のお店に行ったほうが早いと思うかもしれません。私もそう思いました。
しかし、いざ行こうと思っても料金表や来店のスパンなどなかなか踏み切れないものがあります。そうなると、自宅での処理がいいのではと結論付けてしまいがちです。
ムダ毛の処理も、月に一回ですむような生え具合ならいいのにな、と時々思います。
また、最近はお尻のニキビで困ることが多かったのでスクリーノを愛用しています。スクリーノの詳しい説明はここです。⇒amazonのスクリーノの値段