コーヒーを飲む時に拘るのは甘さ

生活 2016年10月21日

コーヒーは拘る人はとことん豆や入れ方などに拘りがあると思うのですが、私の場合は専らインスタント派ですし、コーヒーを購入する時は缶コーヒーならUCC、パックなら雪印をセレクトします。

このセレクトから分かる様に私の場合は拘るのはコーヒー豆ではなく甘さだったりします。コーヒー通から言わせればミルクたっぷり、砂糖たっぷりなモノは邪道かもしれませんが私は甘いコーヒーが好きなんですよね。ココアを選ばずコーヒーを選ぶのはやはりコーヒーの香りが好きというのが大きいかもしれません。それにミルクは入れた方が胃に優しいし、砂糖はエネルギーになるので無駄にはならない筈というのがお子様味覚の私の言い訳だったりします。まあブラックのコーヒーを飲んでいる人は「大人」って感じがして少しばかり羨ましいと思ったりしますが、無理してブラックにするとなかなか飲むことが出来ず冷えるとさらに苦くなるのでブラックで飲むことは既に諦めて堂々とミルクと砂糖を入れるようにしています。
ドルチェグスト ピッコロのメリットとデメリット