インターネットが便利になるWi-Fi

美容 2016年7月17日

Wi-Fiは、無線LANの規格のひとつです。Wi-Fi Alliance(米国に本拠を置く業界団体)によって、国際標準規格であるIEEE 802.11規格を使用したデバイス間の相互接続が認められたことを示す名称です。

Wi-Fiは、無線でネットワークに接続する技術のことです。似たような言葉に「無線LAN」がありますが、同じものと考えて問題ありません。無線でネットワークに接続するWi-Fiを利用すれば、家の中のケーブルを減らしてスッキリさせたり、屋外でも高速にネットワークに接続したりと、ますます便利にネットワークを使いこなすことができるようになります。Wi-Fiは、家の中で使っているパソコンやタブレットなどのネットワーク対応機器が、無線の電波で接続できるようになる便利な方式です。邪魔なケーブルが減るのでスッキリし、電波が届く場所なら家中どこでもインターネット接続できるようになります。データの暗号化など、セキュリティ対策もいろいろそろっているので、無線でも安心して利用することができます。Wi-Fiの名称の由来はHi-Fi(ハイファイ、英: High Fidelity)の韻を踏んだもので、IEEE 802.11規格などの無線LAN規格よりキャッチーな名前を求めて命名されました。「Wireless Fidelity」の略というのは後付けで、名前ができた後、意味も持たないのはまずいから付けられたものであります。
ここ数年、スマホの普及と共によく耳にするようになった言葉にWi-Fiというのがあります。ゲーム機やiPadなどのタブレット端末にも”Wi-Fi対応”の文字をよく見かけますし、WiFiスポットだとかポケットWiFiなんて、とにかく便利になるらしいことは伝わってきます。しかし、結局のところWi-Fiって何と聞かれたらいまいち理解できてない人が多いです。以下より、そんなWi-Fiをスマホ初心者の方にも分かりやすく解説します。Wi-Fiを利用するには、最低限次の2つの機器が必要になります。インターネット回線があることが大前提ですが、Wi-Fi対応の親機(Wi-Fiホームルータ)とWi-Fiに対応したパソコンやスマートフォン、テレビ、プリンタなどの機器があれば、始められます。①Wi-Fi子機:無線でネットワークにアクセスして利用する機器です。
Wi-Fi子機には、パソコン、スマートフォン、タブレット端末、ゲーム機器などがあり、現在販売されているものはほとんどがWi-Fiに対応しています。②Wi-Fi親機:Wi-Fi子機からのアクセスを受け付けて、子機どうしを接続したり、有線を利用しているネットワークと接続したりする機器です。
Wi-Fi親機に外部のネットワークと接続するルータ機能を搭載した「無線LANルータ」(Wi-Fiルータ)という機器もあります。ほとんどの方はWi-Fi親機を用意するだけでWiFiを使い始めることができるでしょう。
シースリー 大船