産地が違っても同じ場所

タラバガニといえば北海道が有名なのですが、実は北海道というよりはロシアで取れるものが多いのです。

といっても結局両方ともオホーツク海で漁をしているので、取れた場所としては同じなんですけどね。

タラバガニが好きな理由としては、まず身がとても大きいということです。

カニを食べる時やはり殻をむくのが結構面倒臭いので、いちどむいたらたくさん食べられるタラバガニは非常に便利です。

ずわいがには足が細いのでむくのがめんどくさい割に、身の量が少ないのでちょっと嫌なんですよね。

といってもズワイガニのほうが味が濃いということをよくいう人がいますが、タラバガニもおいしいものは味が濃いですよ。

でも最近漁獲高が減っているらしく、これからどんどんカニの値段が高騰して行く可能性があるらしいのです。

ただでさえ贅沢品であるカニですが、これ以上高くなると毎年1回位しか食べられなくなるかもしれませんね。

誰かタラバガニやズワイガニの養殖を成功させてくれませんかね。

http://corestelike.click