WiMAXの料金プランは2種類に分ける事が出来ます

IT 2016年6月23日

WiMAXサービスを導入した事により、私の日常は大きく変わりました。最も変わったのが、スマホ通信で7G制限を気にする必要がなくなりました。
Wi-Fiテザリングを使ってWiMAX端末でインターネットを行なうから、スマートフォンの通信量は浪費しなくなった訳です。そんな事から、スマホサイトにムービーが設置されている場合であっても、ヒヤヒヤせず普通に視聴出来るようになりました。


WiMAX端末の大きさは、スマホよりも小さいです。なので、お荷物になりません。
ポケットに入り切る大きさですし、重さや厚みも大した事無くて、ポケットがパンパンになる事もないです。ワイマックス通信機は、スマホアプリで操作可能です。ですので、ワイマックス機器をカバンの中に入れ、そのまま使用する事も可能です。

WiMAXには料金プランが幾つかあります。

 

プロバイダにより異なりますが、WiMAXの料金プランは2種類に分ける事が出来ます。その料金プランですが、ギガ放題プランと通常プランと言う料金プランです。

ギガ放題プランは月額料金が高額なのですが、7G制限の無いお得な料金プランです。

その点、通常プランと言う料金プランは安いのですが、速度制限の規制が厳しいと言う点が気になる料金プランです。

自分のライフスタイルに合わせて、どちらの料金プランにするかを考えましょう。(UQワイマックスの魅力的なキャンペーン特典を活用しよう!にて)
WiMAXと言うインターネットサービスの提供元は、auの子会社であるUQコミュニケーションズなのです。
そんな訳で、auに連携したサービスがいくつかあります。そんなの中でも代表的なのが、auスマートバリューmineです。

 

WiMAXサービスの契約を行った後にauで手続きを行なうと、auのサービスの料金が割引きされるサービスです。
WiMAXの通信を行なうには、専用のWiMAX端末を使用する必要があります。
ラインナップされる新製品は次々と登場し、新技術が次々と導入されています。

例を挙げれば、WiMAX端末はWiMAXしか使用出来ない作りでしたが、WiMAX 2+回線やau 4G LTE回線を選びながら使用可能です。

他にも、通信速度が毎年向上して来ています。キャリアアグリゲーションや4×4MIMOが採用された際も、通信速度が220Mbpsへと向上しました。Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD31)は4×4MIMOと言う機能に対応して、下り最大通信速度が従来の二倍となる220Mbps出る部分が特徴のWiMAX端末です。4×4MIMOとはWiMAX端末内に装備されている4本の受信器と、WiMAX基地局に設置された4本の受信器で4回線同時の通信を行なう技術の事です。その結果、下り最大の通信速度が以前の110Mbpsから、二倍の220Mbpsになる訳なのです。他には、Bluetoothにも対応していますので、Wi-Fiよりも少ない電力でテザリングをする事が出来ます。
nifty WiMAXと言うプロバイダでWiMAXの契約を行なうと、Wi-Fiサービスをタダで使用する事が可能となるキャンペーン特典が付いて来ます。キャンペーンに対応するWi-Fiサービスですが、nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスとau Wi-Fi SPOTの二種類のサービスになります。nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスなのですけど、UQ Wi-FiエリアとWi2エリアの双方を利用する事が可能になります。WiMAX端末が手元になくても使用する事が出来ますし、通信制限も気にしなくて良いですから、凄く人気のあるサービスとなっています。
UQ WiMAXサービスには様々な料金プランがありますが、25ヵ月間契約プランが基本です。

その理由ですが、25ヵ月間継続の契約をする事で、25ヵ月間の月額料金が500円分割引きになるトク割と言うキャンペーン特典が付いて来るからです。しかも、契約から26ヵ月が経過すると長期利用割引が適用される為、終いには、ずっと500円安い状態でUQ WiMAXサービスを継続利用する事が出来ます。
500円と聞くと高額な金額ではありませんけど、割引きが適用されるのは毎月の事ですから、リーズナブル感は積もり積もって大きいものとなります。
毎月の費用が安いWiMAXのプロバイダとしては、Racoupon WiMAXってプロバイダが存在します。
驚くほど月々の費用が安いプロバイダですから、あれこれ条件を付けない中であれば、業界最安値のWiMAXのプロバイダであると言えます。

でも、auスマートバリューmineに対応していませんから、auのスマートフォンやケータイを契約しているユーザーにとっては、ほとんどうまみのないWiMAXのプロバイダとなります。加えて、電話でのユーザーサポートが平日の10時から18時までのみ対応しているので、そんな部分でも気を付けるべきWiMAXのプロバイダと言う事になります。WiMAXサービスは25ヵ月間契約が基本になっていて、途中で解約をしてしまうと違約金を請求されてしまいます。
それだけ長期契約期間になっていますから、きちんとしたとこと契約を行いたい所です。

意外と見落とされがちなのが、それぞれの契約先のカスタマーサービスの応対です。コールセンターの営業日が平日のみだったり、フリーダイヤルじゃ無かったりするプロバイダもありますから、しっかりと考慮してから契約を行いたいものです。

周知の通りWiMAXには帯域制限がありますが、そんなに厳しいものではないです。
WiMAXのギガ放題プランに申し込めば、ハイスピードモードに対する月間データ量による速度制限はないです。また、混雑回避の為の速度制限の場合も、他社モバイルインターネットサービスの3倍もの通信量を利用する事が出来ます。
通信制限が掛けられた時であっても、動画の視聴が可能な通信速度は維持されます。WiMAXを手に入れると、WiMAX本体しか必要ないから、室内がすっきりします。

 

光回線だと電話線とモデムと無線ルーターが必要で、その間をLANケーブルで繋ぐ必要性があります。
モデムには毎月レンタル料金が掛かり、毎月の料金に上乗せされます。一応、モデムに無線カードを差し込むと言う事も出来ますけど、無線カードを使用する場合はレンタル料金を請求されてしまいます。

BIGLOBE WiMAX 2+でWiMAXサービスの申し込みを行なうと、二種類あるキャッシュバック特典から好きな方を選ぶ事が出来ます。一つ目が契約12ヵ月目に手続き開始になる現金キャッシュバックで、もう一方が24ヵ月の間継続して毎月900G貰えるGポイントでのキャッシュバックです。
Gポイントの方が貰えるキャッシュバック額が若干多く、BIGLOBE IDとGポイント会員IDの対応付けを行った時期から貰えるのに加え、受取り損なってしまうリスクも現金キャッシュバックより低いです。

 

GポイントはBIGLOBE WiMAX 2+の月額料金の支払いに利用可能ですし、SuicaポイントやWAONポイントやTポイントなどの約140社のポイントに変換出来ます。モバイルタイプのインターネットサービスは、WiMAXの他にも様々なサービスが存在します。

一例を挙げるとすれば、速度制限を気にせず利用する事が出来るぷららモバイルLTEが存在します。

速度制限の無いぷららモバイルLTEなのですが、上下最大通信速度は3Mbps程度しか出ません。

ぷららモバイルLTEの通信速度は、速度制限時のWiMAXの通信速度よりも遅いです。そんな理由で、速度制限が無いものの、WiMAXを例に出すとすれば、ずっと速度制限が掛かっているのと変わりありません。
現在、WiMAXのプロバイダの中に、オリジナルの保証制度を設けるプロバイダが出て来ています。

 

例を出せば、Broad WiMAXはご満足保証と言う保証の制度を用意しています。
他には、GMOとくとくBB WiMAX 2+は20日間の保証制度を採用してます。

 

いずれの保証制度にしろ、違約金を支払わずにWiMAXの解約手続きを行なう事が出来ると言う制度となります。

 

WiMAXサービスを契約すると、その機能性の良さに驚かされます。
私が感じたのが、通信制限が厳し過ぎないと言うところです。
私はワイモバイルからUQ WiMAXへの買い換え組なんですが、帯域制限でイライラする事が無くなりました。
UQ WiMAXサービスにも帯域制限はありますが、ギガ放題プランで契約すれば気にするレベルじゃ無くなるのです。

 

WiMAXサービスの中で、一番サポート体制がしっかりしているのはUQ WiMAXでしょう。
WiMAXサービスに対して情報を一番把握していますし、トラブルが起きた際のフォローも最も早くて的確で、サポート受付け時間も最長です。しかし、UQ WiMAXはその分キャンペーン特典の内容が今ひとつですから、代理店に申し込みをすると言う手段もあります。

代理店だとキャンペーン特典がある程度充実していますし、サポート関連はUQ WiMAXを利用出来ると言う良いとこ取りが出来ます。WiMAXの素晴らしい所は、インターネットの利用を無線通信で行なう事が出来ると言う部分があります。

無線ですので、どこにいてもインターネットに接続する事が可能となります。また、WiMAX端末はポケットサイズですから、持ち運び性が高いです。諸々の部分を考えると、タブレットと一緒に持ち運ぶと良いです。
そう言う理由で、WiMAXとタブレットとのセット売りを行っているプロバイダも存在します。ワイマックスってインターネットのサービスですけれど、このネットサービスって、帯域の規制具合が多少余裕があって、そこがポイントとなります。なので、大容量通信が必要となる方であれば、コレ以上のモバイルインターネットサービスはないでしょう。通信制限を考えたくないのならば、熟慮してみてはいかがでしょう?Speed Wi-Fi NEXT WX01の後継機に該当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02とは、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりバッテリー消費を抑える点が改良されたWiMAX端末です。

その訳としては、Speed Wi-Fi NEXT WX01で導入された4×4MIMOは通信速度が倍になるメリットがある一方で、バッテリー消費が激しかったからなのです。そんな理由から、Speed Wi-Fi NEXT WX02はバッテリーの量で判断して4×4MIMOから2×2MIMOへとオートマチックに切り替わる機能となる、バランスモードと呼ばれる機能が新しく搭載されました。

 

更に、三日間の通信使用量がディスプレイされる機能が新たに搭載され、混雑回避のための速度制限への対応がしやすくなりました。
評判のWiMAXではあるのですが、良い意見も悪い意見もあります。
一例を挙げると、通信が途切れるだとか、そう言った意見もあるにはあります。

 

ですけども、WiMAXの受信状況は日々向上しています。そう言う事ですので、実際にWiMAXを使用すると、思ったほど悪く無いと感じるケースは多いです。
口コミサイトでWiMAXの記事を読む際は、投稿された日付けを確認するようにしましょう。

GMOとくとくBB WiMAX 2+でWiMAXサービスの申し込みをすれば、WiMAXサービスの月額料金の支払いの度にGMOポイントが100pt貯まります。

貯まったGMOポイントはBBウォレットで100円に換金可能で、GMOとくとくBB WiMAX 2+の月額料金の支払いに利用する事が可能です。

BBウォレットの残高にお金を入れておけば、自動的にGMOとくとくBB WiMAX 2+の月額料金の支払いに使用されます。

 

その上、GMOポイントは約2万店の提携店の通信販売で現金の代わりとして使用出来たり、クーポンサイトであるくまポンで現金代わりに使用する事も可能です。WiMAXサービスの月々の利用料金ですが、実は、契約先で料金が異なります。
具体的に言えば、Broad WiMAXは最初に高い初期費用が掛かる代わりに、契約期間は月額料金が割引きされます。
他には、GMOとくとくBB WiMAX 2+やRacoupon WiMAXは月額料金がかなり安いですが、契約から25ヵ月目の月額料金は高額となります。

 

こう言う感じで、それぞれの契約先によって毎月の料金に特徴がありますので、それを分かった上で契約先を検討しましょう。

 

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後に続くモデルとして発表になったWiMAX端末が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15って言うWiMAX機器です。
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の特徴としては、WiMAXとWiMAX 2+とau 4G LTEの三種類の通信回線を使い分ける事が出来ると言う点があります。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーと言う技術を採用し、従来のWiMAX端末のWiMAX回線と比べると、一回りくらい広いエリアでの通信に対応しています。他にも、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はクレードルに対応している部分が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14との全く違うところな訳です。
WiMAXサービスのプロバイダの中でも、評判のプロバイダの一つとしてGMOとくとくBB WiMAX 2+が挙げられます。GMOとくとくBB WiMAX 2+は様々なキャンペーンを展開しており、そのラインナップの多さも評判な理由です。だけども、GMOとくとくBB WiMAX 2+が選ばれる最も大きな要因は、業界でも最高額のキャッシュバックキャンペーンが挙げられます。その上、保証内容もしっかりしてるので、そう言った点が評判を支える大きな要因となっているのです。
WiMAXサービスの契約期間は25ヵ月間契約の自動更新型が一般的で、契約期間内に解約手続きを進めた場合は契約解除料が別途掛かってしまいます。最初の13ヵ月の間の契約解除料は19000円掛かってしまい、14ヵ月目から25ヵ月目の契約解除料は14000円、26ヵ月目以後の契約解除料は9500円になります。ついでながら、GMOとくとくBB WiMAX 2+の契約解除料の設定金額は厳しめで、最初の25ヵ月間の契約解除料は24800円、26ヵ月目より後の契約解除料としては9500円となります。

とは言え、GMOとくとくBB WiMAX 2+の場合だと契約20日以内の解約に対して契約解除料が掛かりませんので、単純に厳しいとも言い切れません。WiMAX通信専用の端末は、年々新製品が発売されます。個々により機能が異なり、便利さも違います。
そんな中でも驚いたのが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の販売です。
このWiMAX機器はau 4G LTEに対応していて、以前はまだ不十分だったWiMAXの通信エリアをカバーする事が出来ました。

 

UQ WiMAXではなく、KDDIのWiMAX機器として登場したSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)は、下り最大通信速度が370Mbps出ると言う点がウリのWiMAX機器です。

 

これだけ速い通信速度を出す事が出来る秘密は、WiMAX 2+とFD-LTEを使用したキャリアアグリゲーションにあるのです。
この3波を使用したCAですけど、WiMAX 2+のTDD2波とFDDLTEの1波の周波数の帯域を束ねる事で、下り最大通信速度が370Mbpsと言う驚きの通信速度を達成出来ていると言うわけなのです。ですが、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)を販売している店舗には限りがあるので、選択可能なキャンペーン特典の選択肢もそんなに多くありません。Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)はキャリアアグリゲーションを実装し、初の下り最大通信速度が220Mbpsに達しているWiMAXの端末として登場しました。

Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)が登場した当初はキャリアアグリゲーションに対応している地域は限定的でしたが、今は対応地域が広がっています。
また、au 4G LTE対応はHWD15から受け継ぎ、広大なエリアでの通信に対応している点がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つとなっています。勿論の事ですけど、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルと言う専用の充電台にも対応していて、充電しながらのインターネットにも対応しています。
So-net モバイル WiMAX 2+にてWiMAXサービスの申し込みを行なうメリットですが、セキュリティサービスが利点の一つと言えます。

その訳は、So-netが提供するインターネットサービスはWiMAXのみに限らず、セキュリティサービスが付いて来ると言う点で好評なのです。
付いて来るセキュリティサービスと言うのはカスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティの事を指し、WindowsとMacとAndroidの3種類のOSに対応してて、最大5台の機器までインストールする事が出来ます。
カスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティを機器内にインストールする事で、ウイルスやハッキングやフィッシング詐欺などの色々な危険に対処する事が出来る点が、非常に嬉しいキャンペーン特典と言えるでしょう。

タグ: