WiMAXへの何かしらの影響はありませんでした

IT 2016年6月19日

電器屋さんで、光インターネットサービスを始めないかと勧誘を受けました。

ただ、私はWiMAXユーザーですし、言うまでもなく、光回線の契約は考える余地も無いです。
WiMAXユーザーなので必要ないと答えたところ、驚くような回答が返って来ました。WiMAXなんか、天気によって受信具合がコロコロ変わるでしょう?ですが、今までのWiMAXユーザーとしての経験上、WiMAXが天候に左右されると言う経験は一度もありません。

天候に左右される事は一度もありませんでした。

大雨が降って停電になった日もありましたが、WiMAXへの何かしらの影響はありませんでした。WiMAXと契約を申し込む際、色々なキャンペーンサービスが付いています。

中でも便利なのは、公衆無線LANを利用出来るようになるサービスでしょう。
UQ WiMAXであるとUQ Wi-Fiプレミアム、そして、@nifty WiMAXなら@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスと言う感じのものです。
どのプロバイダと契約を行っても付いて来るau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスよりも、多数のWi-Fiスポットと契約しているサービスです。
nifty WiMAXと言うプロバイダでWiMAXの契約をすると、Wi-Fiサービスをタダで使用する事が可能となるキャンペーン特典が付いて来ます。(GMOとくとくBB WiMAX 2+は業界最高額のキャッシュバック!より抜粋)

キャンペーンに対応するWi-Fiサービスですが、具体的には@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスとau Wi-Fi SPOTの二種類のサービスです。

 

その中の@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスなのですけども、UQ Wi-FiエリアとWi2エリアの双方を使用する事が可能になります。WiMAX端末を所持してなくても利用する事が可能ですし、帯域制限も気にしなくて良いですから、凄く人気の良いサービスになってます。

 

So-net モバイル WiMAX 2+でWiMAXサービスの申し込みを行なう利点ですが、セキュリティサービスが1年間無料になると言う点がメリットの一つとして挙げられます。何故なら、So-netのインターネットサービスはWiMAXだけに限らず、セキュリティサービスが付いて来ると言う部分が好評なのです。

 

付いて来るセキュリティサービスとはカスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティのことで、WindowsとMacとAndroidの三種類のOSで利用出来て、最大で5台の機器までインストールする事が可能です。
カスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティを機器内にセットアップする事によって、ウイルスやハッキングやフィッシング詐欺などの多様なリスクに対処する事が出来る点が、とてもありがたいキャンペーン特典です。Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD31)は4×4MIMOに対応して、下り最大通信速度が従来の倍になる220Mbps出る点が特徴のWiMAX端末です。
4×4MIMOとはWiMAX端末に内蔵された4本のアンテナと、WiMAX基地局に設置された4本の受信器で4回線の同時通信を行なうテクノロジーの事です。

この技術によって、下り最大通信速度が従来の110Mbpsから、倍の220Mbpsとなる訳です。それに加え、Bluetoothと言う機能に対応していますから、Wi-Fiよりもわずかな電力でテザリングをする事が出来ます。WiMAXを提供するプロバイダの一つに、Broad WiMAXといったプロバイダがあります。Broad WiMAXの特色には、月額料金が安い点があります。
その分だけ初期費用が高いのですが、クレジットカード払いの方は初期費用がタダになるキャンペーンが行われています。契約から25ヵ月目以降は業界最安値のプロバイダなのですから、長い期間契約を継続する方にはお勧めのプロバイダです。
GMOとくとくBB WiMAX 2+でWiMAXサービスの申し込みをすると、月額料金の支払いを行なうごとにGMOポイントが100pt貯まります。貰えたGMOポイントはBBウォレットにて100円に換金可能で、GMOとくとくBB WiMAX 2+の月額料金に利用する事が出来ます。BBウォレットの残高に現金を入れておくと、自動的にGMOとくとくBB WiMAX 2+の月額料金の支払いとして使用されます。合わせて、GMOポイントは約2万店の提携ECサイトのネットショッピングで現金の代わりとして利用可能だったり、クーポンサイトのくまポンで現金代わりに利用する事も可能です。

URoad-Home2+はホームルータータイプのWiMAX機器で、バッテリーを内蔵していないので、使用用途は屋内使用のみに限られています。
とは言っても、可動式の高利得アンテナが外部に取り付けられていて、受信性能の良さが特徴の一つになっています。合わせて、一度に16台もの機器をWi-Fi接続出来る上、2台の機器を有線で接続する事が出来ます。
更には、WiMAX通信だけを使用するノーリミットモードに対応していますので、帯域制限を気にせずインターネットを利用する事が可能です。
WiMAX端末は、日々進化を遂げています。

 

特に、通信速度の向上が際立って、今のところ、下りの最大通信速度は220Mbpsも出ます。しかしながら、この頃は通信速度より、通信量の方が重要視される傾向にあるようです。

 

新型WiMAX端末のWX02やW02も、WX01やW01の通信量の表示機能が強化されたと言う形で発売されています。なぜならば、3日間で3GB以上の通信を行った場合に適用される混雑回避の為の速度制限、これが以前と比べて厳しくなったからです。

だから、メーカーもしくはユーザーとしては、注目がここに集中していると言えます。WiMAXサービスの提供元となるのは、auの子会社となるUQコミュニケーションズです。
そう言う理由から、auと連動したサービスがいくつかあります。
その中でも特徴的なのが、auスマートバリューmineと言えます。
WiMAXの契約を行った後にauで手続きを行なうと、auのサービスの月額料金が安くなるサービスです。WiMAXサービスに申し込んだ事により、私の生活は一変しました。一番変化が大きかったのが、スマホで7G制限に気を取られる必要がなくなりました。Wi-Fiテザリングを使用してWiMAX端末でインターネットを行なうので、スマホの通信量は浪費しなくなった訳です。そんな事から、スマートフォンサイトにムービーが埋め込まれている場合であっても、ヒヤヒヤせず普通に観れるようになりました。

 

WiMAXの端末の中においては、au 4G LTEと言ったauの通信回線を扱えるものもあります。au 4G LTEは人口カバー率99%と言う通信回線で、広大なゾーンで繋がります。

 

そして、800MHzのプラチナバンドの電波を使用していますから、奥まった部分まで電波が行き届きます。

その代わりに、一回でも使用すると月に1005円の回線使用料が請求されますし、ギガ放題プランであっても速度制限が普通に掛けられます。
PEPABO WiMAXには、通常3種類のプランがあります。
28000円の高い現金キャッシュバックが貰える通常プランとか、月額料金の安い通常プランである月額割引プラン。

他に、ギガ放題プランを2年の間通常プランの安い月額料金で利用出来る料金プランがあります。

たまに、もっと月額料金の安価なタイムセールと言う料金プランが登場する事もありますが、これはいつもある料金プランと言う訳ではありません。

 

近頃は、WiMAXの契約先の中に、独自の保証制度を設けるプロバイダが出て来ています。例を挙げれば、Broad WiMAXではご満足保証と言う保証制度を導入しています。並びに、GMOとくとくBB WiMAX 2+は20日間の保証制度を採用しています。

 

どの保証制度にしても、違約金を支払わずにWiMAXの解約手続きを行なう事が出来ると言う制度となります。
WiMAXを利用する際に、注意すべき速度制限が二種類存在します。一つめは、月間データ量による速度制限、一般的に言われている7G制限って呼ばれているものがあります。

続いて、混雑回避の為の速度制限と言われるものが存在します。

 

ギガ放題プランに申し込むことで、ハイスピードモードを使用時の月間データ量による速度制限は免除となります。
だけども、混雑回避の為の速度制限に関しては適用となります。WiMAX通信専用のデータ通信機器は、年々新しいものが開発されます。個々により機能が異なり、出来る事も異なります。
そんな中においても驚いたのが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の販売です。このWiMAX端末はau 4G LTE通信に対応し、当時はまだ不足していたWiMAXの通信エリアをカバーする事が出来ました。WiMAXサービスは料金プランが幾つかあります。プロバイダで違うので一概には言えませんが、大まかには2種類の料金プランがあります。
それは何かと言うと、ギガ放題プランと言う料金プランと通常プランと言う料金プランです。
ギガ放題プランは月額料金が高いですが、月間通信量による速度制限の無い料金プランとなります。対して、通常プランは月額料金の負担が少ないものの、速度制限の規制が厳しくなるので、その部分は注意が必要となります。自分のインターネットの使い方を検討しつつ、後悔のない料金プラン選びを行いましょう。WiMAXに申し込むと、その利便性の良さにビックリさせられます。
自分が契約後に感じたのが、速度制限がそんなに厳し過ぎないと言う部分です。自分はワイモバイルからUQ WiMAXへの乗り換え組なんですけど、速度制限のせいでイライラする状況が無くなりました。

UQ WiMAXにも速度制限はありますけれど、ギガ放題プランで契約すれば気にするレベルじゃ無くなるのです。

WiMAXサービスを運営しているのプロバイダの中では、完全オリジナルのキャンペーン特典が用意されているとこもあります。

 

具体的には、DTI WiMAX 2+ってプロバイダの場合には、DTI Club Offと言うDTI会員だけの独自の割引特典が付いて来ます。DTI Club Offとは、日本全国にある宿泊施設やテーマパーク、加えて、スポーツクラブやインテリアショップ、レストランや居酒屋などなど、色々なサービスを特別優待価格で使用する事が可能です。映画のチケットやミュージカル、美術館やカラオケなど、書ききれない程対応するサービスは幅広いですから、さまざまな方にお得感を感じて貰う事が出来ます。

人気のWiMAXとは言えども、速度制限の事も考えつつ使用するようにしましょう。

 

他社のモバイルインターネットサービスと比べると、そこまで厳しい速度制限を掛けていないのがWiMAXです。だけども、一定の通信量を超えると速度制限の対象となりますから、通信速度の対象となる基準は把握しておきましょう。ただ、速度制限が掛けられてしまったケースであっても、基本的なインターネット位なら、普通に使用する事が可能です。
UQ WiMAXサービスの強みは、帯域制限が厳し過ぎないと言う部分にあります。他社のモバイルインターネットサービスなら、通信制限が恐ろしくて映画など見てられません。

 

問題ない事と言えば、5分程度の動画を数日に一回程度視聴する位でしょう。

けれども、WiMAXだったら堂々と映画が視聴出来ますし、一日中ネット放送を流しっぱなしにしても平気です。
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後継機として登場したWiMAX端末が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15と言うWiMAX端末になります。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の持っている大きな特徴としては、WiMAXとWiMAX 2+とau 4G LTEの三つの通信回線を利用する事が出来ると言う点が挙げられます。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーを搭載し、従来のWiMAX機器のWiMAX通信と比べると、一回り広いエリアでの通信に対応しています。
加えて、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はクレードルと言う専用の充電台に対応している部分が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14と比較した時の大きな違いな訳です。

 

URoad-StickはUSBタイプの軽くコンパクトなWiMAX端末で、そんなところから持ち運び性が良くて便利です。
URoad-StickをUSBポートに挿し込む事により、そこから電気をまかないながら扱う事が出来ます。難しいセットアップも不要で使えますから、そんな簡便性が評判のWiMAX端末となっています。
使用出来る通信回線はWiMAXやWiMAX 2+で、下り最大通信速度としては110Mbps出す事が出来ます。

WiMAXのサービスを取り扱うプロバイダの中に、So-netモバイルWiMAX 2+ってプロバイダがあります。
このプロバイダが運営しているWiMAXサービスですが、12ヵ月間分のセキュリティーサービスを無料で利用する事が出来ると言う点が特徴です。So-netモバイルWiMAX 2+の特典となるセキュリティサービスなのですけど、カスペルスキーと言う会社のマルチプラットフォームセキュリティと言うセキュリティサービスです。

 

本来は月額500円のサービスですから、金額的に6000円くらいのお得感になると言えるでしょう。
UQ WiMAXサービスと言うと、au 4G LTE通信に対応しているWiMAX機器も登場しています。

au 4G LTEはauの通信回線で、人口カバー率99%を超えると言う、かなり繋がりやすい通信回線です。800MHzと言う低周波数域を使用したプラチナバンドで、障害物があってもすり抜けたり回り込んだりするので、奥まった場所にも電波が行き渡りやすいです。
今までのau 4G LTEの下り最大通信速度は75Mbpsでしたが、下り最大通信速度が100Mbpsに対応しているエリアや、下り最大通信速度が150Mbpsに対応しているエリアも拡がって来ています。UQ WiMAXサービスには色々な契約プランがありますが、25ヵ月間の契約が一般的です。なぜならば、25ヵ月間縛りの契約を結ぶ事で、25ヵ月間の月々の使用料が500円分割引きになるおトク割と言うキャンペーン特典が付いて来るからです。
しかも、契約から26ヵ月が経過すると長期利用割引が適用されるので、結果的には、ずっと500円安い状態でUQ WiMAXサービスを利用し続ける事になります。

 

500円と聞くと大した金額ではありませんが、値引きは毎月の事ですので、お得感はどんどん重なって大きいものとなります。Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)はキャリアアグリゲーションを実装し、初の下り最大通信速度が220Mbpsに及んでいるWiMAX端末としてラインナップされました。
Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)が発売された当初はキャリアアグリゲーションに対応するエリアは限定的でしたが、今は対応している地域が広がっています。

合わせて、au 4G LTE対応はHWD15からそのまま受け継ぎ、広大な地域での通信に対応している点がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つとなっています。

当然の事、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルと言う充電台にも対応していて、充電しながらの通信も可能です。

 

モバイルタイプのインターネットサービスには、WiMAXの他にも色々なサービスが存在します。
例えばですが、速度制限を気にせず利用する事が出来るぷららモバイルLTEがあります。

速度制限の無いぷららモバイルLTEではあるのですが、通信の早さは3Mbps程度しか出ないです。この通信速度なのですが、WiMAXの速度制限時よりも遅いです。
そう言う理由から、速度制限無しとは言えども、WiMAXと比較すれば、常時速度制限が掛かっている状態とも言えます。
Speed Wi-Fi NEXT WX01の後継機に該当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02は、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりもバッテリーの消費を減らす部分が強化されたWiMAX端末です。そのワケとして、Speed Wi-Fi NEXT WX01で新たに導入された4×4MIMOは通信速度が二倍になるメリットがあるものの、バッテリーの減りが激しかったからです。

そう言う訳から、Speed Wi-Fi NEXT WX02にはバッテリーの残量に応じて4×4MIMOから2×2MIMOへと自動的に切り替わる機能となる、バランスモードと言う機能が新たに搭載されました。そして、三日間の通信使用量が表示される機能が新しく搭載され、混雑回避のための速度制限への対策が行いやすくなりました。

WiMAX通信機は通常の値段が20000円しますし、クレードルセットで22750円もします。かなりの金額となりますので、WiMAX導入の際の負担になってしまいます。ですから、それぞれのプロバイダではWiMAX機器の無料プレゼントキャンペーンを行っています。

プロバイダによってはクレードルとセットで無料の所もありますので、そんなプロバイダを選ぶとベストです。

タグ: