光インターネットだと電話線とモデムとWi-Fi機器が必要で

IT 2016年6月14日

UQ WiMAXではなく、KDDIのWiMAX端末として登場したSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)は、下り最大通信速度を370Mbpsも出す事が出来ると言う部分が強みのWiMAX端末です。これだけ速い通信速度を出す事が出来る秘密は、WiMAX 2+とFD-LTEを使用したキャリアアグリゲーションにあります。

この3波キャリアアグリゲーションですけど、WiMAX 2+のTDD2波とFDDLTEの1波の周波数帯域を1つに束ねる事で、下り最大通信速度が370Mbpsと言う驚きの通信速度を達成出来ている訳なのです。ですが、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)を取り扱っているショップには限りがあるので、選択出来るキャンペーン特典の選択の幅もそんなに多くありません。WiMAXを購入すると、WiMAX端末しか使わないから、室内がすっきりします。
光インターネットだと電話線とモデムとWi-Fi機器が必要で、その間をケーブルで繋ぐ必要性があります。
モデムは月々レンタル料が掛かり、月額使用料金に追加課金されます。

そして、モデムに無線カードを差し込むと言う方法もありますが、無線カードを使用する場合はレンタル料金を取られてしまいます。UQ WiMAXサービスを契約すると、その利便性の高さに驚かされます。私が契約後に思ったのが、速度制限がそんなに厳し過ぎないと言う部分です。自分はワイモバイルからUQ WiMAXへの乗り換え組なんですが、帯域制限のせいでイライラする事が無くなりました。→Broad WiMAXの特徴は?プラン別の特徴は?
UQ WiMAXにも速度制限はありますけれど、ギガ放題プランであれば気になるレベルでは無くなるのです。

 

WiMAXを利用する時、注意すべき速度制限は二つあります。まずは、月間データ量による速度制限、俗に言う7G制限って呼ばれているものです。
二つめが、混雑回避の為の速度制限と言われるものが存在します。

ギガ放題プランに申し込むことで、ハイスピードモードを設定時の月間データ量による速度制限は適用外になります。
ですが、混雑回避の為の速度制限は適用となります。

WiMAXと契約を申し込む際、様々なキャンペーン特典が付いています。
中でも便利なのは、公衆無線LANを利用出来るようになるサービスです。

 

UQ WiMAXだとUQ Wi-Fiプレミアム、そして、@nifty WiMAXなら@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスと言った感じのものです。
どのプロバイダと契約をしても利用出来るau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスよりも、沢山のWi-Fiスポットと提携しているサービスです。
Speed Wi-Fi NEXT WX01のニューモデルに相当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02は、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりもバッテリーの消費を減らす部分が強化されたWiMAX端末です。
何故かと言うと、Speed Wi-Fi NEXT WX01で導入された4×4MIMOは通信速度が倍になるメリットがある一方で、バッテリー消費が著しかったからです。
なので、Speed Wi-Fi NEXT WX02はバッテリーの量で判断して4×4MIMOから2×2MIMOへと自動的に切り替わる機能となる、バランスモードと言う機能が新たに搭載されました。

 

合わせて、三日間の通信使用量が表示される機能が新たに搭載され、混雑回避のための速度制限への対策が行いやすくなりました。URoad-Home2+はホームルータータイプのWiMAX端末ですから、バッテリーが組み込まれていない関係から、利用目的は室内利用だけに限られています。そんな面はありますが、可動式の高感度アンテナが外付けになっており、受信性能の高さが特徴の一つとなっています。そして、同時に16台もの機器をWi-Fi通信出来る上、2台の機器を有線接続する事が出来ます。更に、WiMAX通信のみを利用するノーリミットモードに対応していますので、速度制限に囚われる事なくインターネットを行なう事が出来ます。
WiMAX通信機のサイズは、スマホよりも小さいです。

と言う訳で、携帯するのに便利です。
ポケットにも楽々入りますし、重さや厚みも大した事なく、ポケットが膨らむような事も無いです。ワイマックス端末は、スマホアプリを使って操作可能です。
ですから、ワイマックスルーターをカバンの中に入れ、そのまま使用する事も可能です。

Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)はキャリアアグリゲーションと言う機能を実装して、初めての下り最大通信速度が220Mbpsに達しているWiMAXの端末として登場しました。Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)が登場した当初はキャリアアグリゲーションに対応している地域は限定的でしたが、今は対応しているエリアが広がっています。
そして、au 4G LTEと言う機能はHWD15からそのまま踏襲し、広い地域での通信に対応している点がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つとなっています。
当然の事ですが、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルと言う専用の充電台にも対応していて、充電しながらの通信にも対応してます。

 

UQ WiMAXサービスの醍醐味は、帯域制限が厳し過ぎないと言う部分にあります。

 

他社のモバイルインターネットサービスなら、通信制限が恐ろしくて映画など見てられません。
可能な事と言えば、5分ほどの動画を数日に一回程度観る位でしょう。ですが、WiMAXならば普通に映画が観れますし、一日中ネット放送を流しっぱなしにしても平気です。ワイマックスって言う人気のネットサービスですが、このインターネットサービスは、帯域制限の規制が緩く、その分の使い勝手の評判が良いです。

そう言う理由で、大容量通信が必要となる方であれば、ストレス無くインターネットを楽しむ唯一のモバイルサービスと言えます。
7G制限が気がかりと言う方は、検討事項にしてみても良いでしょう。

WiMAXサービスを展開しているプロバイダなのですが、いくつか存在します。

 

各自プロバイダ毎に、キャンペーン内容に差異がありますので、その辺り、気を付ける必要があります。
たとえば、出来るだけ安い月額料金でWiMAXを使いたいのであるのならば、Racoupon WiMAXがお勧めのプロバイダと言う事になります。

こういった風に、それぞれの契約先で契約内容は違いますので、自分にあったプロバイダと契約を行いたいものです。

WiMAXを提供するプロバイダの中に、Broad WiMAXってプロバイダがあります。Broad WiMAXの特色としては、月額の利用料金が安い点が挙げられます。その分だけ初期費用が高額なのですが、クレジットカード払いの方は初期費用がタダになるキャンペーンが実施されています。

契約25ヵ月目以降は業界で一番安いプロバイダなのですから、長く契約を継続する人にとってお勧めのプロバイダです。

WiMAXのサービスの中でも、一番サポート体制が充実しているのはUQ WiMAXでしょう。WiMAXサービスに対する情報を最も持っていますし、トラブルが起きた際のフォローも最も早くて的確で、サポート受付け時間も一番長いです。

だけども、UQ WiMAXはその代わりにキャンペーン特典の内容がイマイチなので、代理店と契約を行なうと言う方法もあるのです。
代理店だとキャンペーンの中身がある程度充実していますし、サポート対応はUQ WiMAXを利用すると言う良いとこ取りが出来ます。

 

UQ WiMAXサービスには様々な契約プランがありますけど、25ヵ月間に渡る契約が一般的です。なぜかと言えば、25ヵ月間縛りの契約を行なう事によって、25ヵ月間の月々の料金が500円安くなるおトク割と言うキャンペーン特典が付いて来るからです。

 

なおかつ、申し込みから26ヵ月目以降になると長期利用割引が適用される為、結果的には、契約期間中ずっと500円割引きされた状態でUQ WiMAXサービスを利用し続ける事が出来ます。500円と聞くとそんなに高額な金額ではありませんが、値引きが適用されるのは毎月の事ですので、お得感は積もり積もって大きくなります。周知のようにWiMAXには速度制限がありますが、言われているほどハードなものではありません。
ギガ放題プランで契約すると、ハイスピードモードを使用時の月間データ量による速度制限はありません。
また、混雑回避の為の速度制限の際も、他社モバイルインターネットサービスの3倍もの通信量を使用する事が可能です。

 

帯域制限が掛けられた時であっても、動画を観る事が出来る通信速度は維持されます。

 

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後継機として登場したWiMAX端末が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15って言うWiMAX端末です。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の持っている大きな特徴には、WiMAXとWiMAX 2+とau 4G LTEの三つの通信回線を使い分ける事が出来ると言う点があります。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーと言う機能を搭載して、従来のWiMAX端末のWiMAX回線と比較すると、一回りくらい広範囲での通信に対応しています。他には、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はクレードルと言う充電台に対応している部分が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14と比較した際の大きな違いな訳です。

モバイルルーターを使ったインターネットサービスには、WiMAXの他にも様々なサービスが存在します。具体的に言うと、速度制限無しが強みのぷららモバイルLTEがあります。ぷららモバイルLTE速度制限が無いと言う話は間違いなくそうですが、下り最大通信速度はわずか3Mbps程度です。

 

ぷららモバイルLTEの通信速度って、WiMAXの速度制限時よりも遅いです。ですので、速度制限は無いと言うウリ文句ではありますが、WiMAXと比べると、ずっと速度制限が掛かっている状態と同じです。
最近のWiMAXサービスと言えば、au 4G LTEと言う通信回線に対応しているWiMAX端末も登場しています。

 

au 4G LTE通信はauの通信回線で、日本の人口カバー率99%を超えている、かなり受信しやすい通信回線です。800MHzと言う低周波数を使うプラチナバンドで、障害物があっても貫通したり回り込んだりするので、奥まった場所にも電波が届きやすいのです。

今までのau 4G LTE通信の下り最大通信速度は75Mbpsでしたが、下り最大通信速度が100Mbpsに対応したエリアや、下り最大通信速度が150Mbpsに対応しているエリアも増えて来ています。WiMAXサービスの提供元は、auのグループ会社のUQコミュニケーションズです。

そんな訳で、auと連携したサービスが複数存在します。その中で代表的なのが、auスマートバリューmineと言えます。WiMAXの契約を行った後にauで手続きを行なえば、auのサービスの料金が割引きされるサービスです。

WiMAXの通信端末は、どんどん高性能化されています。例えば、通信速度が速まり、今の段階で、下り最大通信速度が220Mbps出る点が特長となっています。
ですが、近頃は通信の速さより、どれだけ通信を行ったかを気にした機能が搭載される傾向にあるようです。
最新WiMAX機器のWX02やW02も、Speed Wi-Fi NEXT WX01やSpeed Wi-Fi NEXT W01の通信量の表示機能が追加されたと言う形で発売されました。

その理由は、混雑回避の為の速度制限、これが厳格になってしまったのが原因です。

 

って事で、メーカー及びユーザーとしては、ここに対しての関心事が高まっているのです。月額料金の安価なWiMAXのプロバイダとしては、Racoupon WiMAXと言うプロバイダが存在します。二度見するほど月々の費用が安いプロバイダですから、色々と制約を付けない中であれば、業界最安値のWiMAXのプロバイダと言う事になります。

ただし、auスマートバリューmineには非対応なので、auのスマートフォンやケータイを契約しているユーザーにしてみれば、あまりお勧め出来ないWiMAXのプロバイダとなります。そして、電話でのユーザーサポートが平日の10時から18時までだけ対応となっている為、そんな部分でも気を付けるべきWiMAXのプロバイダと言う事になります。WiMAXサービスを提供しているプロバイダの中で、少し他と違うのが3WiMAXと言うプロバイダです。
WiMAXサービスのプロバイダと言えばUQ WiMAXの系列のものが殆どなのですけど、3WiMAXはKDDI系列のWiMAXサービスを取り扱っています。

そんな訳で、3WiMAXにはラインナップされているWiMAX端末の種類が、他のプロバイダとは全く違います。
具体例を出すと、3回線を使用するキャリアアグリゲーションにより下り最大通信速度が370Mbps出る点が特徴のSpeed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ W03や、下り最大通信速度が220Mbps出るUSBタイプのWiMAX端末であるSpeed USB STICK U01は、他のプロバイダではランナップされていません。WiMAXサービスを提供するプロバイダの一つであるPEPABO WiMAXには、普段は3種類の料金プランがあります。

 

28000円の高い現金キャッシュバックが受け取れる通常プランとか、月々の料金が低価格な通常プランとなる月額割引プラン。
他に、ギガ放題プランを2年間通常プランの月額料金で利用出来る料金プランがあります。

たまに、もっと月額料金の安価なタイムセールと言う料金プランが登場する事もありますが、こちらはいつもある料金プランと言う訳ではありません。大容量通信を行なう方向けのモバイルインターネットサービスとして流行ったWiMAXではありますが、速度制限に注意しながら使用する必要があります。他のモバイルインターネットサービスと比べると、厳しい速度制限を設けていないのがWiMAXです。とは言えども、通信量によっては速度制限が適用されますので、ある程度気にした上でWiMAXを利用したいものです。

でも、速度制限がかかった場合においても、そこまでシビアなインターネット環境になる事はありません。

WiMAX通信専用の通信機器は、年々新製品が発売されます。
それぞれによって性能が違い、利便性も違います。

中でも衝撃的だったのが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14のお披露目です。
このWiMAX機器はau 4G LTEに対応していて、当時はまだ不十分だったWiMAXの通信エリアをカバーする事が出来ました。

WiMAXの通信に対応している専用端末があります。

 

WiMAX端末は新製品がどんどん登場し、WiMAXの技術力は次々と上がっています。

 

WiMAXの回線も新技術が採用されていて、WiMAX端末にWiMAX回線以外のWiMAX 2+回線やau 4G LTE回線が新機能として追加されました。他には、毎年通信速度が速くなって来ています。

キャリアアグリゲーションや4×4MIMOと言う技術が採用された時も、通信速度が220Mbpsへと速まりました。URoad-StickはUSBサイズの軽量かつ小型のWiMAX端末で、持ち運び性が良くて便利です。
URoad-StickをUSBポートに接続する事によって、そこから給電しながら扱う事が出来ます。
難しいセットアップも行わずに使用出来ますから、そう言う手軽さが人気のWiMAX端末となっています。対応している通信回線はWiMAXとWiMAX 2+となっていて、下り最大通信速度としては110Mbps出す事が可能です。WiMAXサービスは25ヵ月間の契約が基本になってて、期間内に解約をすると契約解除料を取られてしまいます。

そんな長い契約期間になっていますから、しっかりとしたところと契約を行いたい所です。うっかり見落とされがちなのが、各契約先のカスタマーサービスの対応です。

カスタマーサービスの受付日が平日のみだったり、フリーダイヤルじゃ無いプロバイダも少なくないですから、きちんと判断してから申し込みを行いたいものです。
WiMAXの機器の中においては、au 4G LTEと言ったauの通信回線に対応しているものもあります。

 

au 4G LTEは人口カバー率99%の通信回線で、幅広いエリアで繋がります。合わせて、800MHzのプラチナバンドを使っていますので、奥まった場所にまで電波が届きます。
他方で、一度でも使うと月額1005円の回線使用料が請求されますし、ギガ放題プランであっても速度制限が普通に適用されます。

タグ: