WiMAX端末が対応しているのは

IT 2016年6月12日

WiMAXに対応している通信機器は数種類存在します。新しい製品が次々発売され、新しい機能を持ったものが次々と出ています。

具体例を言うと、WiMAX端末が対応しているのはWiMAX回線だけだったのですが、WiMAX 2+回線やau 4G LTE回線も使用可能となりました。

その上、通信速度も年々速くなって来ています。キャリアアグリゲーションや4×4MIMOが導入され、通信速度が倍に速くなりました。
UQ WiMAXではなく、KDDIのWiMAX機器として販売されているSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)は、下り最大通信速度が370Mbps出ると言う点がウリのWiMAX端末です。
これだけ速い通信速度を出す事が出来る秘密は、WiMAX 2+とFD-LTEのキャリアアグリゲーションにあるのです。この3種類の電波のCAですが、WiMAX 2+のTDD2波とFDDLTEの1波の周波数の帯域を同時利用する事によって、下り最大通信速度が370Mbpsと言う脅威の通信速度を実現出来ている訳なのです。(UQワイマックスの評判まとめ。一つ一つの口コミを解説より)

 

ただ、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)を販売しているショップには限りがある為、選択可能なキャンペーン特典の選択の幅もそんなに多くありません。
nifty WiMAXと言うプロバイダでWiMAXの契約をすると、Wi-Fiサービスを無料で利用する事が出来るキャンペーン特典が貰えます。
対応するWi-Fiサービスですが、具体的には@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスとau Wi-Fi SPOTの二種類となります。nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスですが、UQ Wi-FiエリアとWi2エリアの双方を利用する事が可能になります。
WiMAX端末が手元になくても使用する事が出来ますし、速度制限も気にしなくて良いですから、とても評判のあるインターネットサービスとなっています。
Speed USB STICK U01はUSBサイズの小型なWiMAX機器で、下り最大通信速度が220Mbps出る点が特徴のWiMAX端末です。その仕組みは2回線分のWiMAX 2+回線の帯域を同時に利用する事で、今までの二倍の通信速度を出す事が出来るキャリアアグリゲーションと言う機能にあります。

その上、Speed USB STICK U01と言うWiMAX端末はau 4G LTEと言う通信回線にも対応していますので、人口カバー率99%と言う広大な通信エリアを利用する事が出来ます。

Speed USB STICK U01はバッテリーを装備していませんから、USBポートから給電しつつ使用するタイプのWiMAX端末となります。WiMAXサービスですが、このインターネットサービスは、7G制限が無く、そこが評判となっています。

ですので、じっくりと通信を行なう予定があるのならば、特に気になるモバイルサービスでは無いでしょうか?帯域制限のストレスが気がかりなのであれば、一案として考えてみてはいかがですか?UQ WiMAXサービスには色々な契約プランがありますが、25ヵ月間の契約プランが一般的です。
なぜかと言えば、25ヵ月間縛りの契約を行なう事によって、25ヵ月間の月々の料金が500円安くなるおトク割と言うキャンペーン特典が付いて来るからです。更に、契約から26ヵ月目以降になると長期利用割引が適応になるので、終いには、ずっと500円割引きされた態でUQ WiMAXサービスを利用し続ける事が出来ます。500円と聞くとそんなに高額な金額ではありませんが、値引きが適用されるのは毎月の事ですから、リーズナブル感はどんどん重なって大きくなります。
近頃は、WiMAXサービスの契約先の中には、オリジナルの保証制度を用意するプロバイダが出て来ました。例を挙げれば、Broad WiMAXはご満足保証と言う保証制度を用意しています。他には、GMOとくとくBB WiMAX 2+では20日間の保証制度を導入してます。どこの保証制度にしろ、契約解除料を支払わずにWiMAXの解約を行なう事が出来ると言う制度となります。

 

WiMAXサービスを取り扱うプロバイダの中の一つで、So-netモバイルWiMAX 2+と言う名称のプロバイダが存在します。このプロバイダが提供するWiMAXサービスですが、12ヵ月間セキュリティーサービスを無料で利用する事が出来ると言う点が特徴です。このセキュリティサービスですが、カスペルスキーと言う会社のマルチプラットフォームセキュリティと言うセキュリティサービスです。月々500円のサービスですから、金額的に6000円分のお得感があると言えるでしょう。WiMAXサービスを導入した事で、私の日常は変わりました。最も大きかったのが、スマートフォンで7G制限を気にする必要がなくなりました。Wi-Fi通信を使ってWiMAX端末でインターネットを行なうから、スマートフォンで使用出来る通信量は消費しなくなった訳です。
ですので、スマートフォンサイトにムービーが設置されている場合であっても、気にせず普通に観れる状態になりました。
WiMAXを契約すると、WiMAX本体しか必要ないので、家の中がさっぱりします。

光インターネットだとモジュラージャックとモデムと無線ルーターが必要で、その間をLANケーブルで結ぶ必要性があります。
モデムには毎月レンタル料金が掛かり、月々の料金に上乗せされます。一応、モデムに無線カードを差し込むと言う事も可能ですけど、無線カードを使用する際はレンタル料金を取られてしまいます。
WiMAXサービスの評判について調べていると、様々な事が言われています。

 

どういうものがあるのかと言うと、建物内では通信速度が落ちるだとか、そう言った否定的な口コミもあります。

とは言っても、WiMAXの受信状況は日々向上しています。ですから、口コミの内容をそのまま鵜呑みにする事は出来ません。WiMAXに対する口コミを読むときは、そう言った点を頭に入れながら読むようにしましょう。
WiMAXを利用する時には、注意すべき速度制限は二つあります。

 

一つめが、月間データ量による速度制限、一般的に言う7G制限って言われているものがあります。

次いで、混雑回避の為の速度制限と言われるものがあります。ギガ放題プランへ申し込むことで、ハイスピードモードを設定時の月間データ量による速度制限は免除となります。でも、混雑回避の為の速度制限に対しては適用になります。WiMAXユーザーのメリットとしては、無線でインターネットアクセスする事が出来ると言う部分が挙げられます。
無線を介しますから、好きな場所でインターネットを行なう事が出来ます。更には、WiMAX機器は小型ですから、どこへでも持ち運ぶ事が可能です。
そんな点を考慮すると、タブレットと一緒に持ち運んで、好きな場所から使用するのも良いです。そう言う理由で、プロバイダの中にはWiMAXとタブレットとのセット販売を行っているところもあります。
WiMAXサービスを利用して感じる利点は、いくつか思い浮かびます。最初に思い浮かぶのが、モバイル通信と言う事で、好きな場所からネット回線に繋ぐ事が出来る点が挙げられます。
次に思い浮かぶのが、無線の通信回線ですので、インターネット開通の為の回線工事は行なう必要がありません。
また、ネットの開通工事を行なう必要はありませんので、インターネットサービスを安く導入できます。そして、帯域制限の規制が緩いと言う点も、WiMAXが素晴らしいところと言えます。
WiMAXサービスを運営しているのプロバイダの中では、完全独自のキャンペーン特典が用意されているとこもあります。

例えば、DTI WiMAX 2+ってプロバイダの場合には、DTI Club Offと言うDTI会員だけの独自の割引特典が付いて来ます。
DTI Club Offとは、全国各地にある旅館やテーマパーク、その上、スポーツクラブやインテリアショップ、居酒屋や宅配ピザなどなど、さまざまなサービスを特別優待価格で使用する事が出来ます。

映画のチケットや展覧会、美術館やカラオケなど、書ききれないくらい対象となるサービスはバラエティー豊かですから、幅広い方にお得感を感じて貰う事が出来ます。

 

WiMAXの契約先となるプロバイダは、いくつか存在します。

 

各プロバイダのキャンペーン特典でお得感に差がありますので、その部分では、気を付ける必要があります。具体例を出すと、出来るだけ安い月額料金でWiMAXを使いたいのであるのならば、Racoupon WiMAXがお勧めのプロバイダと言う事になります。

こう言った風に、各キャンペーン毎に契約内容は違いますから、少しでもお得なプロバイダと契約を行うのが望ましいでしょう。周知のようにWiMAXには通信制限がありますが、そんなに厳しいものではないです。
ギガ放題プランに申し込めば、ハイスピードモードの時の月間データ量による速度制限がありません。
また、混雑回避の為の速度制限の場合も、他社モバイルインターネットサービスの3倍もの通信量を利用する事が出来ます。速度制限時であっても、動画を観る事が可能な通信速度はキープされます。WiMAX端末は普通の価格が20000円しますし、クレードルセットで22750円もします。

結構な値段となりますので、WiMAX契約の際の負担となってしまいます。

そんな訳で、各プロバイダではWiMAX端末の無料プレゼントキャンペーンを行っています。

 

プロバイダによってはクレードルとセットで無料のとこもありますので、そんなプロバイダを選択するとベストです。UQ WiMAXサービスの強みは、速度制限が厳し過ぎないと言う部分にあります。
他社モバイルインターネットサービスだと、速度制限が怖くて映画など視聴出来ません。問題ない事と言うと、5分くらいの動画を数日に一回程度観る位ではないでしょうか?そんな中、WiMAXなら堂々と映画が観れますし、一日中インターネット放送を流しっぱなしにしても平気です。

 

WiMAX通信に対応した通信機器は、次々と新しいものが発売されています。
それぞれにより性能が異なり、利便性も違います。その中においても衝撃的だったのが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の販売開始です。

 

このWiMAX機器はau 4G LTE通信に対応し、以前はまだ不足していたWiMAXの通信可能範囲をカバーする事が出来ました。
WiMAXと言うインターネットサービスの提供元は、auの子会社のUQコミュニケーションズなのです。
なので、auと連携したサービスが複数あります。そんな中で代表的なのが、auスマートバリューmineになります。

WiMAXサービスの契約を行った後にauにて手続きを行なうと、auのサービスの料金が安くなるサービスです。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後に続くモデルとして登場したWiMAX機器が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15です。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の特徴としては、WiMAXとWiMAX 2+とau 4G LTEの三つの通信回線を利用する事が出来ると言う点が挙げられます。

 

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーと言う機能に対応して、従来のWiMAX端末のWiMAX回線と比較すると、一回り広範囲での通信を行えます。
合わせて、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はクレードルと言う充電台に対応している部分が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14と比較した際の大きな違いと言えます。
次世代のインターネットサービスと言う事で期待感の高まるWiMAXではあるものの、速度制限に関して注意が必要です。

他のモバイルサービスと比較すると、そこまで厳しい速度制限を掛けていないのがWiMAXです。そうは言っても、速度制限が適用されるケースもありますから、どう言った場合に速度制限が掛かるのかを知っておくのは重要です。しかし、速度制限対象となってしまった際にも、基本的なインターネット位なら、普通に使用する事が可能です。PEPABO WiMAXには、通常は3種類の料金プランが存在します。
28000円の高い現金キャッシュバックが受け取れる通常プランとか、月額料金の安い通常プランとなる月額割引プラン。

その他、ギガ放題プランを2年の間通常プランの月額料金で利用出来る料金プランがあります。
時折、更に月額料金の安いタイムセールと言う料金プランがラインナップしている事もありますが、これはいつもある料金プランではありません。

電機屋にて、店員から光回線の勧誘を受けました。
既にWiMAXを使っている私ですし、当たり前の事ですが、必要ないものです。

ですから、必要ない意思を店員に対して伝えると、呆れるような営業トークをされました。WiMAXって言うと、天気によって受信具合がコロコロ変わるでしょう?とは言うものの、これまで毎日のように使っているWiMAXではありますが、天気とWiMAXの受信具合を証明するような因果関係は見られません。

強風で家が揺れる位の日もありましたが、WiMAXへの影響は何も見られませんでした。
WiMAXサービスを契約すると、その機能性の高さにビックリさせられます。
自分が感じたのが、速度制限がそんなに厳し過ぎないと言うところです。

自分はワイモバイルからUQ WiMAXへの買い換え組なのですが、帯域制限のせいでイライラする状況が無くなりました。UQ WiMAXにも通信制限はありますけれど、ギガ放題プランで申し込めば気になるレベルでは無くなるのです。
WiMAXサービスを提供するプロバイダの間でも、ちょっと他と違うのが3WiMAXってプロバイダです。
WiMAXサービスのプロバイダと言えばUQ WiMAX系統のものが殆どなのですが、3WiMAXの場合はKDDI系列のWiMAXサービスを取り扱っています。

なんで、3WiMAXには提供されているWiMAX端末の機種が、UQ WiMAX系統のプロバイダとは全く異なります。
具体例としては、3回線のキャリアアグリゲーションにより下り最大通信速度が370Mbps出る点が特徴のSpeed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ W03や、下り最大通信速度が220Mbps出るUSBサイズのWiMAX端末であるSpeed USB STICK U01は、UQ WiMAX系列のプロバイダには提供されていません。モバイルルーターを使ったインターネットサービスには、WiMAXの他にも色々なサービスが存在します。例えば、速度制限を気にせず利用する事が出来るぷららモバイルLTEがあります。

このサービスに速度制限が無いと言うのは間違いありませんが、通信速度はわずか3Mbps程度です。

この通信速度って、速度制限の際のWiMAXよりも遅くなります。
ですので、速度制限が無いとは言えども、WiMAXで比べると、常に速度制限状態だと言えます。

WiMAXの間でも、一番サポート関連が充実しているのはUQ WiMAXで間違いありません。
WiMAXサービスに対して情報を一番把握していますし、トラブル時のフォローも最も迅速かつ的確で、電話サポートの対応時間も最長なのです。
けれど、UQ WiMAXはその代わりにキャンペーン特典の内容がイマイチですから、代理店に申し込みをすると言う手段もあります。

代理店だとキャンペーンの中身がそれなりに充実していますし、サポート対応はUQ WiMAXを利用すると言う良いとこ取りが出来ます。最近のUQ WiMAXサービスと言うと、au 4G LTE通信に対応しているWiMAX端末も登場しています。
au 4G LTEはauの通信回線で、人口カバー率99%を超えている、とても受信しやすい通信回線なのです。

800MHzと言う低周波数を使うプラチナバンドで、障害物を貫通したり回り込んだりするので、奥まった位置にも電波が届きやすいです。今までのau 4G LTE通信の下り最大通信速度は75Mbpsでしたが、下り最大通信速度が100Mbpsに対応した地域や、下り最大通信速度が150Mbpsに対応している地域も拡大して来ています。

タグ: