Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーと言う機能に対応し

IT 2016年6月11日

Speed Wi-Fi NEXT WX02は4×4MIMOと言う機能に対応し、下り最大通信速度が従来の二倍となる220Mbps出る点が特徴のWiMAX端末です。

 

4×4MIMOと言う機能はWiMAX端末に内蔵された4本のアンテナと、WiMAX基地局に設置された4本の受信器で4回線の同時通信を行なう技術の事です。その技術によって、下り最大の通信速度が従来の110Mbpsから、倍の220Mbpsになる訳なのです。加えて、Bluetoothにも対応してますので、Wi-Fiよりも少ない電力でテザリングを行なう事が出来ます。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後継機として発表になったWiMAX機器が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15です。
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の持っている特徴としては、WiMAXとWiMAX 2+とau 4G LTEの三つの通信回線を利用する事が可能だと言う点が挙げられます。

 

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーと言う機能に対応し、従来のWiMAX端末のWiMAX通信と比較すると、一回り広いエリアでの通信を行えます。合わせて、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はクレードルと言う充電台に対応した部分が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14と比較した時の全く違うところと言えます。(GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンにて解説)

WiMAXに申し込めば、この利便性の高さに驚かされます。
自分が思ったのが、速度制限がそんなに厳し過ぎないと言う部分です。

 

自分はワイモバイルからUQ WiMAXへの乗り換え組なのですが、速度制限でイライラする事が無くなりました。

 

UQ WiMAXサービスにも帯域制限はありますが、ギガ放題プランであれば気になるレベルでは無くなるのです。WiMAXサービスを提供するプロバイダの中に、Broad WiMAXと言うプロバイダがあります。Broad WiMAXの特性には、月額の利用料金が安い点が挙げられます。
それだけ初期費用が高いのですが、クレジットカード払いの方は初期費用がタダになるキャンペーンが行われています。
契約25ヵ月目以降は業界で一番安いプロバイダなのですから、長い期間契約を継続する方にはお勧めのプロバイダです。WiMAXのサービスを運営しているのプロバイダの中には、完全独自のキャンペーン特典が準備されているところもあります。
具体例を出すと、DTI WiMAX 2+と言うプロバイダの場合だと、DTI Club Offと言うDTI会員限定の独自の割引特典が付いて来ます。DTI Club Offとは、全国各所にある旅館やレジャー施設、加えて、温泉施設やインテリアショップ、レストランや居酒屋などなど、色々なサービスを特別な優待価格で利用する事が出来ます。映画のチケットやミュージカル、美術館やカラオケなど、書き尽くせないくらい対象となるサービスはバラエティー豊かですから、さまざまな方に価値を感じて貰う事が出来ます。WiMAXサービスと契約を申し込む折、色々なキャンペーン特典を獲得出来ます。
特に便利なのが、公衆無線LANを使用出来るようになるサービスでしょう。

UQ WiMAXならばUQ Wi-Fiプレミアム、そして、@nifty WiMAXなら@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスと言った感じのものです。どのプロバイダと契約を行っても利用出来るau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスと比べ、多数のWi-Fiスポットと契約しているサービスです。電気屋さんで、光回線のサービスを店員さんから勧められました。
私はWiMAXを使っていますので、当然、光回線を検討する事はありません。

 

販売員に必要ないと伝えたところ、呆れるような営業トークをされました。

WiMAXなんか、天気が荒れてる時の受信は落ちるでしょう?ですが、3年間WiMAXを使用して来た経験上、WiMAXが天候に左右されると言う経験は一度もありません。天候に左右される事は一度もありませんでした。
大雨の中であっても、WiMAXの通信速度が落ちたり等と言った経験は一度足りともありません。
WiMAX機器は、次々と新しいものが発売されています。それぞれによって性能が異なり、スペックも異なります。
その中においても驚いたのが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の販売でしょう。

 

このWiMAX機器はau 4G LTE通信に対応し、以前はまだ不足していたWiMAXの通信可能範囲をカバーする事が出来ました。WiMAXの中で、一番サポート体制が充実しているのはUQ WiMAXでしょう。WiMAXサービスに対する情報を最も持っていますし、問題が起こった時の対応も最も早くて的確で、サポート対応時間も最長です。

 

けれども、UQ WiMAXはその分キャンペーン特典の内容が今ひとつですから、代理店と契約を行なうと言う方法もあります。

代理店だとキャンペーン特典がある程度充実していますし、サポート対応はUQ WiMAXを利用出来ると言う良いとこ取りが出来ます。WiMAX端末の大きさは、スマホよりも小型です。
だから、持ち出しするのにちょうどいいです。
ポケットに入り切る大きさですし、重さや厚みも大した事なく、ハンカチと一緒に入れても大丈夫です。

ワイマックス端末は、スマホアプリを使って操作をする事が出来ます。ですので、WiMAX機器をカバンの中に入れ、その状態で使用する事も出来ます。WiMAXの魅力は、インターネットへのアクセスを無線で行なう事が出来ると言う点にあります。無線ですので、色々な場所でインターネットを楽しむ事が可能となります。重ねて、WiMAX機器は小型ですから、携帯性に長けています。
諸々の点を考慮すると、タブレットとの組み合わせが抜群です。

 

そんな所から、プロバイダの中にはWiMAXとタブレットとのセット販売を行っているところもあります。
PEPABO WiMAXと言うプロバイダは、通常3種類のプランがあります。28000円の高額な現金キャッシュバックが貰える通常プランとか、月額料金が低価格な通常プランとなる月額割引プラン。
そして、ギガ放題プランを2年間通常プランの安い月額料金で利用可能な料金プランがあります。
随時、もっと月額料金の安いタイムセールと言う料金プランも登場する事がありますけど、これはいつもある料金プランと言う訳ではありません。月額料金が安いWiMAXのプロバイダとしては、Racoupon WiMAXと言ったプロバイダが存在します。
二度見するほど月々の費用が安いプロバイダですから、色々と条件を付けない中であれば、業界で最も安いWiMAXのプロバイダだと言えます。
ですけど、auスマートバリューmineには対応していませんから、auにてスマートフォンやケータイを契約しているユーザーにとっては、あまりお勧め出来ないWiMAXのプロバイダになります。更に、電話でのユーザーサポートが平日の10時から18時までのみ対応しているので、そんな部分でも注意が必要なWiMAXのプロバイダと言えます。

Speed Wi-Fi NEXT W01はキャリアアグリゲーションと言う機能を搭載し、初めての下り最大通信速度が220Mbpsに及んでいるWiMAX端末としてラインナップされました。
Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)が登場した当初はキャリアアグリゲーションに対応している地域は限定的でしたが、今は対応している地域が広がっています。

更に、au 4G LTE対応はHWD15からそのまま受け継ぎ、広いエリアでの通信に対応している点がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つになってます。勿論の事ですが、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルと言う専用の充電台にも対応していて、充電しつつの通信も可能です。
WiMAXサービスを提供しているプロバイダの中でも、人気のプロバイダの一つとしてGMOとくとくBB WiMAX 2+が挙げられます。GMOとくとくBB WiMAX 2+は様々なキャンペーンを展開していて、そのバリエーションの豊富さも人気の秘密です。
それだけではなくて、GMOとくとくBB WiMAX 2+が選ばれる一番の大きな理由としては、業界最高額のキャッシュバック特典が挙げられます。

更に、保証内容もしっかりしてるので、それが評判を支える大きな部分となっているのです。
Speed Wi-Fi NEXT WX01の後継機に相当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02は、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりもバッテリーの消費を減らす部分が強化されたWiMAX端末です。
と言うのも、Speed Wi-Fi NEXT WX01で導入された4×4MIMOは通信速度が倍になるメリットがあるものの、バッテリー消費が激しかったからです。
なので、Speed Wi-Fi NEXT WX02にはバッテリーの残量に応じて4×4MIMOから2×2MIMOへとオートマチックに切り替わる機能となる、バランスモードと言う機能が新たに搭載されました。更に、三日間の通信使用量が表示される機能が新たに搭載され、混雑回避のための速度制限への対策がしやすくなりました。
UQ WiMAXを購入すると、WiMAX機器しか必要ないので、室内がすっきりします。
光回線だとモジュラージャックとモデムとWi-Fi機器が必要で、その間をLANケーブルで結ぶ必要性があります。
モデムは毎月レンタル料金が必要で、月々の料金に追加課金されます。

 

加えて、モデムに無線カードを差し込むと言う事も出来ますけど、無線カードを使用する際はレンタル料金を取られてしまいます。

 

モバイルインターネットサービスの中でも話題のWiMAXではありますが、通信量に注意を払いながら使用するのが肝心です。他のモバイルサービスと比べ、WiMAXの速度制限の規制具合は緩いです。

 

とは言っても、速度制限が適用される場合がない訳ではありませんので、速度制限が掛けられる基準を知っておくのが良いでしょう。
だけども、速度制限対象となってしまった際にも、動画位であれば、普通に見る事が出来ます。

 

WiMAXはサービスの契約時に料金プランを選ぶ必要があります。

 

プロバイダ毎に少し異なるものの、ざっくりと分けると2種類に分類する事が出来ます。それは何かと言うと、通常プランとギガ放題プランです。ギガ放題プランの場合は若干月額料金が高くなりますが、それ以上にお得感あって、たっぷりと通信を行なう事が出来ます。反面、通常プランは月々の金銭的負担が軽いものの、速度制限の規制が厳しくなるので、その部分は注意が必要となります。
自分のライフスタイルに合わせて、一つだけ料金プランを選ぶようにしましょう。WiMAXを使用する際に、注意すべき速度制限は二種類存在します。一つ目は、月間データ量による速度制限と言われる、7G制限と言われているものがあります。
ふたつめが、混雑回避の為の速度制限と呼ばれるものです。
ギガ放題プランへ申し込むことによって、ハイスピードモードを使用時の月間データ量による速度制限は適用外となります。
でも、混雑回避の為の速度制限に対しては適用になります。
WiMAXのサービスを取り扱っているプロバイダの中の一つに、So-netモバイルWiMAX 2+って言うプロバイダが存在します。

このプロバイダが展開するWiMAXサービスなのですが、12ヵ月間セキュリティーサービスをタダで利用する事が出来ると言う点が特徴です。

So-netモバイルWiMAX 2+の特典になるセキュリティサービスですけど、カスペルスキーのマルチプラットフォームセキュリティと言う名称のセキュリティサービスです。
本来は月額500円のサービスですから、6000円くらいのお得感になると言えるでしょう。気になるWiMAXの評判なのですが、ポジティブな意見ばかりではありません。
例を挙げるとすれば、通信が途切れるだとか、そんな話も目にします。
ただし、WiMAXの基地局の数の向上と共にWiMAXの環境は良くなっています。

 

従って、WiMAXの環境は口コミよりも良い場合が多いです。

 

口コミサイトでWiMAXについて調べる時には、いつ投稿されたかまで確認した方が良いでしょう。

 

WiMAXサービスの月々の利用料金ですけど、驚く事に、契約先によって金額が異なります。具体例を挙げれば、Broad WiMAXの場合、初めに高額な初期費用が掛かる代わりに、ずっと月額料金が割引きされます。はたまた、GMOとくとくBB WiMAX 2+やRacoupon WiMAXは月額料金が非常に安いですけど、申し込み25ヵ月目の月額料金は高くなります。こう言う感じで、各契約先によって月額料金に特徴がありますから、それを把握した上で契約先を決めましょう。
WiMAXサービスを提供するプロバイダの中で、少し変わっているのが3WiMAXと言うプロバイダです。WiMAXサービスのプロバイダと言うとUQ WiMAXの系列のものが殆どなのですが、3WiMAXはKDDIのWiMAXサービスを取り扱っています。そう言う事から、3WiMAXでラインナップされているWiMAX端末の種類が、UQ WiMAX系列のプロバイダとは全く異なります。

例を挙げれば、3波を使用するキャリアアグリゲーションにより下り最大通信速度が370Mbps出る点が特徴のSpeed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ W03や、下り最大通信速度が220Mbps出るUSBサイズのWiMAX端末であるSpeed USB STICK U01は、UQ WiMAX系統のプロバイダには提供されていません。周知の通りWiMAXには通信制限がありますが、言われているほど厳しいものではありません。

WiMAXのギガ放題プランに申し込めば、ハイスピードモードに対する月間データ量による速度制限はないです。

 

また、混雑回避の為の速度制限も、他社モバイルインターネットサービスの3倍もの通信量を使用する事が可能です。

 

帯域制限時であっても、動画を観る事が出来る通信速度はキープされます。UQ WiMAXの醍醐味は、速度制限の規制が厳し過ぎないと言う部分にあります。他社モバイルインターネットサービスだと、速度制限が恐ろしくて映画など視聴出来ません。出来る事と言えば、5分くらいの動画を数日に一回程度観る位ではないでしょうか?一方、WiMAXなら堂々と映画が視聴出来ますし、一日中ネット放送を流しっぱなしにしても平気です。WiMAXを運用しているプロバイダですが、いくつかあります。各プロバイダで契約内容に違いが出て来ますので、その部分では、注意しましょう。例として、出来るだけ安くWiMAXサービスを利用したいのであれば、GMOとくとくBB WiMAX 2+と言うプロバイダがお勧めのプロバイダと言う事になります。
ですから、各キャンペーンでお得感は違いますので、プロバイダ選びは慎重に行なうようにしましょう。

 

WiMAX端末の中には、au 4G LTEと言うauの提供する通信回線を扱えるものもあります。

 

au 4G LTEは人口対応率99%と言う通信回線で、幅広いエリアで利用出来ます。
合わせて、800MHzのプラチナバンドを使用していますので、奥まった部分にまで電波が届きます。難点としては、一回でも使用すると月に1005円の回線使用料が請求されますし、ギガ放題プランであっても通信制限が普通に適用されます。

UQ WiMAXサービスと言うと、au 4G LTE通信を使用出来るWiMAX端末も登場しています。au 4G LTE通信はauの基地局から発せられる通信回線を使用し、人口カバー率99%を超える、非常に繋がりやすい通信回線です。800MHzと言う低周波数を使うプラチナバンドで、障害物があってもすり抜けたり回り込んだりするので、奥まった場所まで電波が届きやすいです。
今までのau 4G LTEの下り最大通信速度はせいぜい75Mbpsでしたけど、下り最大通信速度が100Mbpsと言う高速通信に対応している地域や、下り最大通信速度が150Mbpsに対応しているエリアも拡がって来ています。

WiMAXサービスに申し込んだ事により、私のライフスタイルは変わりました。

最も大きかったのが、スマホで7G制限を気にする必要がなくなりました。Wi-Fiテザリングを使用してWiMAX端末でインターネットを行なうので、スマートフォンで使用出来る通信量は浪費しなくなった訳です。
そして、スマートフォンサイトに動画が埋め込まれている場合であっても、気にせず普通に視聴出来るになりました。

 

タグ: