月額の料金が安い点があります

IT 2016年6月10日

WiMAXに申し込めば、この利便性の良さに驚かされます。私が契約後に感じたのが、速度制限がそんなに厳し過ぎないと言うところです。自分はワイモバイルからUQ WiMAXへの買い換え組なのですけど、速度制限のせいでイライラする状況がありません。

UQ WiMAXにも通信制限はありますけれど、ギガ放題プランで契約すれば気にするレベルでは無くなるのです。
WiMAXを提供するプロバイダの一つに、Broad WiMAXと言うプロバイダが存在します。

Broad WiMAXの特長には、月額の料金が安い点があります。その分だけ初期費用が高いのですが、クレジットカード払いの人は初期費用が0円になるキャンペーンが行われています。契約25ヵ月目以降は業界で一番安いプロバイダですから、長い期間契約を続ける方にはお勧めのプロバイダとなります。WiMAXサービスを取り扱うプロバイダの中の一つで、So-netモバイルWiMAX 2+と言うプロバイダがあります。

このプロバイダが展開しているWiMAXサービスですが、12ヵ月間セキュリティーサービスを無料で利用する事が出来ると言う点が特徴です。
So-netモバイルWiMAX 2+の特典となるセキュリティサービスなのですが、カスペルスキーのマルチプラットフォームセキュリティと言うセキュリティサービスです。(【ブックマーク必須】Broad WiMAXの魅力と、上手な利用法にて)

本来は月額500円のサービスですから、金額的に6000円くらいのお得感があると言えるでしょう。WiMAXに対応している通信機器は数種類存在します。
新しい製品が次々発売され、新技術が次々と導入されています。

例として、WiMAX端末はWiMAXしか使用出来ない作りでしたが、WiMAX 2+回線やau 4G LTE回線にも対応するようになりました。
他には、通信速度が年々速まっています。

キャリアアグリゲーションや4×4MIMOと言う技術が導入された際も、通信速度が倍に速まりました。

Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)はキャリアアグリゲーションと言う機能を搭載し、初めての下り最大通信速度が220Mbpsに達しているWiMAX端末としてラインナップされました。発売された当時はキャリアアグリゲーションに対応するエリアは限定的でしたが、今は対応しているエリアが広がっています。また、au 4G LTEと言う機能はHWD15から受け継ぎ、広大な地域での通信に対応している点がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つとなっています。勿論、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルと言う専用の充電台に対応していて、充電しながらのインターネットにも対応しています。周知の通りWiMAXには速度制限がありますが、そんなに厳しいものではありません。ギガ放題プランで契約すれば、ハイスピードモードの時の月間データ量による速度制限がないです。

また、混雑回避の為の速度制限に関しても、他社モバイルインターネットサービスの3倍もの通信量を使用する事が可能です。通信制限の時であっても、動画の視聴が出来る通信速度は維持されます。WiMAXの間でも、一番サポート関連がしっかりしているのはUQ WiMAXでしょう。
WiMAXサービスに対するデータベースを一番持っていますし、トラブル時の対応も最も早くて的確で、サポート受付け時間も最長です。
ただ、UQ WiMAXはその分キャンペーン特典の内容が今ひとつなので、代理店に申し込みを行なうと言う方法もあるのです。
代理店だとキャンペーンの中身がある程度充実していますし、サポート関連はUQ WiMAXを利用すると言った良いとこ取りが出来ます。
WiMAX通信の出来る端末のサイズは、スマートフォンよりも小型です。
ですので、お荷物になりません。
ポケットに入り切る大きさですし、重さも厚みも大した事なく、ポケットがパンパンになる事もないです。

WiMAX対応の通信機は、スマートフォンアプリを使って操作可能です。
そう言う理由で、WiMAX機器をカバンの中に入れ、その状態で使用する事も可能です。

WiMAXのサービス期間は25ヵ月間契約が基本になっていて、途中で解約をすると違約金を請求されてしまいます。

そんな長期契約期間になっていますから、きちんとしたとこと契約をしたい所です。

 

意外と見逃されがちな部分が、それぞれの契約先のカスタマーサービスの対応です。
コールセンターの営業日が休日は非対応だったり、フリーダイヤルでは無かったりするプロバイダもありますから、ちゃんと判断してから申し込みを行いたいものです。

利便性の高さが評判のWiMAXサービスではありますけど、速度制限に注意しながら使用する必要があります。
他のモバイルインターネットサービスと比べ、WiMAXの速度制限の規制具合は緩いです。

 

だけども、通信し過ぎると速度制限は適用されてしまいますから、その点には注意しましょう。けれども、速度制限がかかった場合においても、そこまで神経質に考えなくても問題無くインターネットは出来ます。
WiMAXサービスの月額利用料金ですが、意外にも、契約先によって金額が異なります。例を挙げると、Broad WiMAXの場合、初めに高額な初期費用が掛かる代わりに、契約期間中は月額料金が割引きされます。それ以外には、GMOとくとくBB WiMAX 2+やRacoupon WiMAXは月額料金が非常に安いですが、契約25ヵ月目からの月額料金は高額になります。
この様に、それぞれの申し込み先によって月額料金に特徴がありますので、それを理解した上で契約先を決めましょう。nifty WiMAXでWiMAXサービスの申し込みを行なうと、Wi-Fiサービスを無料で利用する事が可能となるキャンペーン特典が付いて来ます。
キャンペーンに対応するWi-Fiサービスですが、具体的には@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスとau Wi-Fi SPOTの二種類のサービスです。nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスなのですけど、UQ Wi-FiエリアとWi2エリアの両方を利用する事が可能になります。WiMAX端末を所持してなくても利用する事が可能ですし、通信制限も気にしなくて良くなりますので、とても評判のあるサービスとなっています。
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後に続くモデルとしてお披露目となったWiMAX端末が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15です。

 

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の持っている大きな特徴としては、WiMAXとWiMAX 2+とau 4G LTEの三種類の通信回線を使い分ける事が可能だと言う点が挙げられます。
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーを搭載し、これまでのWiMAX端末のWiMAX通信と比較すると、一回りほど広いエリアでの通信を行えます。
更に、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はクレードルに対応している部分が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14との全く違うところと言えます。
携帯型タイプのインターネットサービスには、WiMAXの他にも色々なサービスが存在します。
例えば、速度制限無しと言う点で話題のぷららモバイルLTEが存在します。
ぷららモバイルLTEには速度制限がないと言う話ではありますが、上り下りの最大通信速度は3Mbpsほどしか出ないです。

ぷららモバイルLTEの通信速度、速度制限の掛かったWiMAXよりも遅くなります。
そんな理由から、速度制限が無いものの、WiMAXと比べると、速度制限がずっと続くようなものです。WiMAXの端末は、徐々に性能が上がって来ています。例えば、通信速度の向上が目まぐるしく、現在、下りの最大通信速度は220Mbpsも出ます。

ただし、この頃は通信速度より、通信量の通知機能に対して注目が集まっているようです。

新しいWiMAX端末のWX02やW02も、WX01やW01の通信量の表示機能が強化されたと言う形で発売されました。その理由は、回線の混雑を避ける為に設けられた3日間で3GB以上の通信を行ったユーザーを対象にして実施される速度制限、これが頻繁に課されるようになったのです。
そう言う事で、メーカーやユーザーとしては、新製品に搭載する機能も変わって来たのです。
WiMAXサービスを利用していて感じる利点は、いくつか存在します。

一点目が、モバイルの通信規格と言う点で、任意の場所でインターネットを行なう事が可能です。続いて思い浮かぶのが、モバイルの通信規格と言う点で、ネットの開通工事を行なう必要はありません。はたまた、回線工事が不要と言う事で、毎月の通信費が低くなると言うメリットがあります。そして、通信規制が厳しくないと言う点も、WiMAXの魅力と言えます。

 

近ごろ、WiMAXサービスのプロバイダの中には、独自の保証制度を用意するプロバイダが出て来ました。

例として挙げれば、Broad WiMAXはご満足保証と言う保証の制度を用意しています。また、GMOとくとくBB WiMAX 2+では20日間の保証制度を採用してます。
どの保証制度にしても、違約金を支払わずにWiMAXの解約を行なう事が出来ると言う制度となります。
WiMAXを手に入れると、WiMAX本体しか必要ないから、屋内がさっぱりします。
光回線だとモジュラージャックとモデムと無線ルーターが必要で、間をLANケーブルで繋ぐ必要性があります。

 

モデムには毎月レンタル料金が掛かり、月々の料金に上乗せされます。
また、モデムに無線カードを差し込むと言う方法もありますが、無線カードを使用する際はレンタル料金を取られてしまいます。
電器屋で、光回線に入りませんかと、店員さんに話をされました。

 

私はWiMAXを使っていますので、お分かりの通り、光回線は必要ないものです。
ですから、必要ない意思を店員に対して伝えると、びっくりする回答をされました。WiMAXは、天気によって受信具合がコロコロ変わるでしょう?ですけれど、今までWiMAXを使用して来て、WiMAXと天候を関連付ける経験は一度だってありませんでした。台風の中でも、WiMAXの使い勝手が悪くなるような事はありませんでした。WiMAX通信専用のデータ端末は、年々新製品が発売されます。

それぞれによって性能が異なり、出来る事も異なります。

その中でも驚いたのが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14のお披露目です。このWiMAX端末はau 4G LTE回線に対応し、当時はまだ不十分だったWiMAXの通信エリアをカバーする事が出来ました。

WiMAXサービスを提供するプロバイダの一つであるPEPABO WiMAXには、普段は3種類のプランがあります。28000円の高い現金キャッシュバックが貰える通常プランや、WiMAXサービスの月額料金の安い通常プランである月額割引プラン。加えて、ギガ放題プランを2年間通常プランの月額料金で利用出来る料金プランが存在します。不定期に、更に月額料金の安いタイムセールと言う料金プランも登場する事がありますけど、こちらはいつもある料金プランではありません。Speed Wi-Fi NEXT WX01の後継機に該当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02は、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりもバッテリー消費を抑える点が改良されたWiMAX端末です。
その理由として、Speed Wi-Fi NEXT WX01で導入された4×4MIMOと言う機能は通信速度が倍になるメリットがあるものの、バッテリーの消費が著しかったからなのです。

 

なので、Speed Wi-Fi NEXT WX02はバッテリーの量で判断して4×4MIMOから2×2MIMOへとオートマチックに切り替わる機能となる、バランスモードと呼ばれる機能が新たに搭載されました。

また、三日間の総通信量が表示される機能が新たに搭載され、混雑回避のための速度制限に対する対策がしやすくなりました。

WiMAXサービスを運営しているプロバイダの間において、人気のプロバイダの一つにGMOとくとくBB WiMAX 2+があります。

GMOとくとくBB WiMAX 2+は様々なキャンペーンを行っていて、そのラインナップの多さも評判な理由です。

それだけではなく、GMOとくとくBB WiMAX 2+が選択される最も大きな要因は、業界でも最高額のキャッシュバックキャンペーンにあります。なおかつ、保証内容もしっかりしてるので、それが評判を支える大きな要因となっているのです。
WiMAXのサービスを提供しているプロバイダと、複数あります。契約するプロバイダ毎にキャンペーン内容が異なりますから、そのあたり、気を付けた方が良いです。例を出すと、セキュリティーサービスの付いたWiMAXサービスを利用したいのであれば、So-netモバイル WiMAX 2+がマッチしたプロバイダと言う事になります。
ですから、それぞれの契約先で契約内容は違いますので、それぞれのプロバイダのキャンペーン内容をしっかり調べるようにしたいものです。UQ WiMAXサービスには様々な料金プランがありますけど、25ヵ月間契約プランが一般的です。その訳は、25ヵ月間縛りの契約を結ぶ事で、25ヵ月間の月額使用料が500円安くなるおトク割と言うキャンペーン特典が付いて来るからです。なおかつ、契約から26ヵ月が経過すると長期利用割引が適用される為、最終的に、ずっと500円安い状態でUQ WiMAXサービスを継続利用する事が出来ます。500円と聞くと大した金額ではありませんけど、割引きが適用されるのは月単位の事ですので、お得感はどんどん重なって大きいものとなります。WiMAXの端末の中には、au 4G LTEと言うauの提供する通信回線に対応しているものもあります。au 4G LTEは人口対応率が99%の通信回線で、広いゾーンで繋がります。
合わせて、800MHzのプラチナバンドの電波を使用していますので、隅々にまで電波が届きます。

他方で、一回でも使用すると月額1005円の回線利用料金が請求されますし、ギガ放題プランであっても速度制限が掛けられます。
WiMAXサービスと契約を行う際、色々なキャンペーンサービスが付いて来ます。
中でもお勧めなのは、公衆無線LANを使用出来るようになるサービスです。UQ WiMAXであればUQ Wi-Fiプレミアム、そして、@nifty WiMAXなら@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスと言う感じのものです。
どのプロバイダと契約を行っても付いて来るau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスよりも、沢山のWi-Fiスポットと契約しているサービスです。
最近のWiMAXサービスと言うと、au 4G LTEと言う通信回線を使用出来るWiMAX端末もラインナップしています。
au 4G LTE通信はauの基地局から発せられる通信回線で、人口カバー率が99%を超えると言う、とても受信しやすい通信回線なのです。800MHzと言う低周波数を使うプラチナバンドで、障害物をすり抜けたり回り込んだりするので、奥まった場所まで電波が届きやすいです。
従来のau 4G LTEの下り最大通信速度はせいぜい75Mbpsでしたが、下り最大通信速度が100Mbpsに対応した地域や、下り最大通信速度が150Mbpsに対応しているエリアも拡がって来ています。WiMAXを利用する際には、注意すべき速度制限が二種類あります。一つ目が、月間データ量による速度制限と言われる、7G制限って言われているものです。
二つ目は、混雑回避の為の速度制限と呼ばれるものです。

 

ギガ放題プランで契約する事で、ハイスピードモードを設定時の月間データ量による速度制限は免除となります。ですけど、混雑回避の為の速度制限に対しては適用となります。
WiMAX機器は通常価格が20000円しますし、クレードルセット販売で22750円もします。

結構な金額になりますので、WiMAX導入の際の足かせとなってしまいます。ですので、それぞれのプロバイダではWiMAX機器の無料プレゼントを行っています。プロバイダによってはクレードルセットで無料の所もありますので、そう言うプロバイダを選択すると良いです。

タグ: