Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)が発売された当初は

IT 2016年6月09日

Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)はキャリアアグリゲーションと言う機能を実装し、初の下り最大通信速度が220Mbpsに達しているWiMAX端末としてラインナップされました。

 

Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)が発売された当初はキャリアアグリゲーションに対応している地域は限定的でしたが、現在は対応エリアが広がっています。

加えて、au 4G LTEと言う機能はHWD15からそのまま踏襲し、広大なエリアでの通信に対応している部分がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つとなっています。

言う間でもないですが、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルと言う充電台にも対応してて、充電しつつのインターネットにも対応してます。周知のようにWiMAXには通信制限がありますが、それほど厳しいものではありません。

ギガ放題プランにて契約すると、ハイスピードモードを使用時の月間データ量による速度制限がありません。また、混雑回避の為の速度制限に関しても、他社モバイルインターネットサービスの3倍の通信量を使用する事が出来ます。速度制限時であったとしても、動画を観る事が可能な通信の速さは維持されます。WiMAXサービスを提供しているプロバイダの間において、評判のプロバイダの一つとしてGMOとくとくBB WiMAX 2+を思い浮かべる方は少なくないです。
GMOとくとくBB WiMAX 2+は色々なキャンペーンを行っていて、そのラインナップの豊富さも人気の秘密です。(Broad WiMAXの口コミで多いものは?にて)
ただ、GMOとくとくBB WiMAX 2+が選択される最も大きな要因は、業界でも最高額のキャッシュバック特典が挙げられます。

その上、保証内容もしっかりしているので、それが人気を支える大きな要因となっているのです。
月額料金が安いWiMAXのプロバイダとして、Racoupon WiMAXと言ったプロバイダが存在します。

圧倒的に月額料金が安いプロバイダですので、あれこれ条件を付けない中であると、業界で最も安いWiMAXのプロバイダだと言えます。だけども、auスマートバリューmineには対応していませんから、auのスマートフォンやケータイを契約しているユーザーにしてみれば、あまりお勧め出来ないWiMAXのプロバイダになります。
はたまた、電話でのユーザーサポートが平日の10時から18時までのみ対応しているので、そう言う点でも注意が必要なWiMAXのプロバイダと言えます。
Speed Wi-Fi NEXT WX01のニューモデルに該当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02は、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりバッテリー消費を抑える点が強化されたWiMAX端末です。

 

何故かと言うと、Speed Wi-Fi NEXT WX01で導入された4×4MIMOは通信速度が二倍になるメリットがあるものの、バッテリーの減りが著しかったからです。
そんな理由で、Speed Wi-Fi NEXT WX02はバッテリーの量で判断して4×4MIMOから2×2MIMOへと自動的に切り替わる機能となる、バランスモードと言う機能が新たに導入されました。また、三日間の総通信量が表示される機能が新たに搭載され、混雑回避のための速度制限に対する対策が取りやすくなりました。
UQ WiMAXを契約すると、WiMAX端末しか必要ないから、部屋の中がさっぱりします。

 

固定回線だと電話線とモデムと無線ルーターが必要で、その間をケーブルで結ぶ必要性があります。モデムは毎月レンタル料金が掛かり、毎月の料金に追加課金されます。

 

他には、モデムに無線カードを差し込むと言う事も可能ですが、無線カードを使用する際はレンタル料金を請求されてしまいます。WiMAX通信専用の通信機器は、年々新しいものが開発されます。それぞれにより機能が異なり、便利さも違います。そんな中においても驚いたのが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の発売です。

このWiMAX機器はau 4G LTE回線に対応し、当時はまだ不十分だったWiMAXの通信可能範囲をカバーする事が出来ました。
WiMAX機器は普通の価格が20000円しますし、クレードルとのセットで22750円もします。
かなりの値段となりますので、WiMAX導入の際の負担になってしまいます。

 

ですから、各プロバイダではWiMAX端末の無料プレゼントを行っています。プロバイダによってはクレードルとセットで無料の所もありますので、そう言うプロバイダを選択するとベストです。

Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD31)は4×4MIMOを搭載し、下り最大通信速度が従来の二倍となる220Mbps出る点が特徴となるWiMAX端末です。
4×4MIMOと言う機能はWiMAX端末に内蔵された4本の受信器と、WiMAX基地局に設置された4本のアンテナで4回線の同時通信を行なう技術の事を指します。その技術により、下り最大の通信速度が以前の110Mbpsと言う速度から、二倍の220Mbpsになるのです。加えて、Bluetoothにも対応していますので、Wi-Fiよりも少ない消費電力でテザリングを行なう事が可能となります。WiMAXと言うインターネットサービスの提供元は、auの子会社のUQコミュニケーションズなのです。ですから、auと連携したサービスがいくつかあります。
そんな中でも代表的なものが、auスマートバリューmineと言うサービスでしょう。WiMAXの契約を行った後にauショップにて手続きを行なうと、auのサービスの月額料金が安くなるサービスです。WiMAXサービスの口コミを読んでいると、良い意見ばかりではありません。
どういうものがあるのかと言うと、天気で通信状態が左右されるだとか、そう言うネガティブな書き込みもあります。

とは言えども、WiMAXの基地局の増設に伴ってWiMAXの受信具合は良くなる一方です。
そう言う事ですので、今と口コミの内容が合致しない場合も往々にしてあります。

 

WiMAXについて口コミサイトを調べる際には、投稿された日付けを確認するようにしましょう。

WiMAX機器の中には、au 4G LTEと言うauの通信回線に対応している機種もあります。
au 4G LTEは人口対応率が99%の通信回線で、広いゾーンで繋がります。

合わせて、800MHzのプラチナバンドの電波を使っていますので、隅々まで電波が届きます。

 

他方で、一回でも使用すると月額1005円の回線使用料が請求されますし、ギガ放題プランであっても速度制限が適用されます。WiMAXと契約を申し込む時、様々なキャンペーン特典が付いています。
中でもお勧めなのは、公衆無線LANが利用可能になるサービスでしょう。

 

UQ WiMAXであるとUQ Wi-Fiプレミアム、そして、@nifty WiMAXだったら@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスと言う感じのものです。
どのプロバイダと契約をしても付いて来るau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスよりも、沢山のWi-Fiスポットと契約しているサービスです。

モバイルインターネットサービスの中でも話題のWiMAXではありますが、速度制限を気にする必要があります。
モバイルインターネットサービスは色々ありますが、WiMAXの速度制限の規制具合は緩いです。

とは言えども、通信量によっては速度制限が適用されますので、速度制限が掛けられる基準を知っておくのが良いでしょう。しかしながら、速度制限に掛かってしまった場合であっても、使えないと言う程インターネットが遅くなる事はありません。人気のインターネットサービスについてですが、モバイルインターネットも色々種類が出て、こちらの人気の高まりを感じます。

 

持ち運ぶ事が出来ない固定回線とは違い、とても利便性が大きいのが特徴です。でも、モバイルのイメージとしては、安定性に不安が残る方もいるでしょう。ですけれども、モバイルのインフラは急ピッチで進んでいますから、安定したインターネットを楽しむ事が出来るようになっています。

 

なので、決してモバイルだからと、安定しないと言う事は無いです。WiMAXと言うインターネットサービスがありますが、このネットサービスは、通信制限が厳しすぎず、少しは使い勝手が良いです。
ですので、一日中インターネットを行なう様なヘビーユーザーにすれば、最も適したモバイルインターネットサービスです。
帯域制限のストレスが気がかりなのであれば、一度考えてみてはどうでしょう?WiMAXの利点としては、無線通信を使ったインターネットを利用する事が出来ると言う部分にあるでしょう。無線を使うと言う事で、色々な場所でインターネットを楽しむ事が可能となります。

なおかつ、WiMAX端末はポケットサイズですから、持ち運ぶ際に負担になりません。
そんな部分を考えると、タブレットとの相性が抜群です。
ですので、タブレット無料プレゼントキャンペーンを行なうWiMAXプロバイダもあります。nifty WiMAXでWiMAXの契約を行なうと、Wi-Fiサービスを無料で利用する事が出来るキャンペーン特典が貰えます。
キャンペーン対象となるWi-Fiサービスなのですが、nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスとau Wi-Fi SPOTの二種類です。
その中の@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスですが、UQ Wi-FiエリアとWi2エリアの双方を使用する事が可能になります。
WiMAX端末を所持してなくても使用する事が可能ですし、速度制限も気にしなくて良くなりますから、とても評判のあるインターネットサービスとなっています。

 

UQ WiMAXサービスには様々な契約プランがありますけど、25ヵ月間契約プランが基本です。なぜかと言うと、25ヵ月間縛りの契約を結ぶ事によって、25ヵ月間の月々の料金が500円安くなるおトク割と言うキャンペーン特典が付くからです。
それに、契約から26ヵ月が経過すると長期利用割引が適応になる為、最後には、契約期間中ずっと500円安い状態でUQ WiMAXサービスを継続利用する事が出来ます。

 

500円と聞くと大した金額ではありませんが、割引きが適用されるのは月単位の事ですので、リーズナブル感は積もり積もって大きくなります。WiMAXは幾つかある料金プランの選択が必要です。プロバイダ毎に少し異なるものの、大体、2種類の料金プランが存在します。
2種類の料金プランについてですが、通常プランとギガ放題プランです。
ギガ放題プランは月々の支払いが少しだけ高額になりますが、通信量による帯域制限が緩いので、お得感は大きいです。
一方で、通常プランと言う料金プランは安いのですが、速度制限の規制が厳しいと言う点が気になる料金プランです。
月間通信量がどれだけの量に達するかを把握しながら、後悔のない料金プラン選びを行いましょう。
WiMAXの専用端末は数種類あります。WiMAX端末は新製品がどんどん登場し、新しい機能を持ったものが次々と出ています。
具体的に言えば、WiMAX端末はWiMAX回線しか使えませんでしたが、WiMAX 2+回線やau 4G LTE回線が導入されました。

その上、通信速度が毎年速くなって来ている点も挙げられます。

キャリアアグリゲーションや4×4MIMOが導入された時も、通信速度が220Mbpsへと速まりました。
WiMAXのサービスの中で、一番サポート体制がしっかりしているのはUQ WiMAXでしょう。
WiMAXサービスに対する情報を一番持っていますし、トラブル時の対応も最も早くて的確で、サポート受付け時間も最長です。

しかし、UQ WiMAXはその代わりにキャンペーン特典の中身がイマイチですから、代理店に申し込みを行なうと言う方法もあるのです。
代理店ならキャンペーンの中身がある程度充実していますし、サポート対応はUQ WiMAXを利用すると言う良いとこ取りが出来ます。
WiMAXサービスを提供するPEPABO WiMAXと言うプロバイダには、通常は3種類の料金プランがあります。

28000円の高額な現金キャッシュバックが貰える通常プランや、WiMAXサービスの月額料金の安い通常プランである月額割引プラン。更には、ギガ放題プランを2年の間通常プランの安い月額料金で利用可能な料金プランがあります。

時々、更に月額料金の安価なタイムセールと言う料金プランが登場する事もありますが、これはいつもある料金プランではありません。

WiMAXのサービスを導入した事で、私の日常は変わりました。一番大きかった事は、スマートフォンで7G制限を気にする事がなくなりました。

 

Wi-Fiテザリングを使用してWiMAX端末でインターネットをするので、スマホで使用出来る通信量は消費しなくなった訳です。

だから、スマホサイトにムービーが設置されている場合であっても、ヒヤヒヤせずPCのように観れるようになりました。
某電機屋さんで、光回線の利用を始めないかと店員に声掛けをされました。私はWiMAXユーザーですから、無論、光回線は必要ありません。

店員にその旨を伝えると、呆れるような営業トークをされました。

WiMAXって、天候によって受信具合が左右されるでしょう?ですが、毎日愛用しているWiMAXではありますけれど、強風でWiMAXが使用不能となる日は一度もありませんでした。強風で大荒れの天候の日もありましたが、WiMAXの受信が悪くなったり、そう言う経験は一度もありません。WiMAXの強みは、通信制限が厳し過ぎないと言うところにあります。他社モバイルインターネットサービスだと、通信制限が怖くて映画など見てられません。
平気な事と言うと、5分程度の動画を数日に一回程度観る位ではないでしょうか?それに対し、WiMAXなら堂々と映画が視聴出来ますし、24時間インターネット番組を流しっぱなしにしても平気です。

WiMAXを利用する時に、注意すべき速度制限は二つあります。

ひとつ目が、月間データ量による速度制限、一般的に言われる7G制限って呼ばれているものがあります。

二つ目が、混雑回避の為の速度制限と言われるものが存在します。ギガ放題プランで契約する事で、ハイスピードモードを使用時の月間データ量による速度制限は適用外となります。
しかし、混雑回避の為の速度制限に関しては適用されます。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後継機としてお披露目となったWiMAX端末が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15と言うWiMAX端末です。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の大きな特徴としては、WiMAXとWiMAX 2+とau 4G LTEの三つの通信回線を利用する事が可能だと言う点が挙げられます。
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーと言う機能を搭載して、従来のWiMAX端末のWiMAX回線と比べると、一回り広いエリアでの通信に対応しています。
そして、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はクレードルと言う専用の充電台に対応した部分が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14と比較した時の大きな違いな訳です。最近、WiMAXの契約先の中には、オリジナルの保証制度を設けるプロバイダが出て来ました。
例を挙げると、Broad WiMAXではご満足保証と言う保証制度を導入しています。また、GMOとくとくBB WiMAX 2+では20日間の保証制度を導入しています。
どこの保証制度にしろ、契約解除料を支払わずWiMAXの解約手続きを行なう事が出来ると言う制度となります。WiMAXサービスの月額料金ですけど、驚いた事に、契約先で金額が異なります。

具体的に言うと、Broad WiMAXは初めに高額な初期費用が掛かる代わりに、ずっと毎月の料金が値下げされます。それから、GMOとくとくBB WiMAX 2+やRacoupon WiMAXは月額料金が非常に安いですが、契約から25ヵ月目の月額料金は高くなります。

こう言った感じで、各契約先によって月額料金に特徴がありますので、それを把握した上で契約先を決めましょう。

タグ: