保証内容もしっかりしていて

IT 2016年6月08日

WiMAXサービスを運営しているプロバイダの間において、人気のプロバイダの一つにGMOとくとくBB WiMAX 2+が挙げられます。GMOとくとくBB WiMAX 2+は色々なキャンペーンを行っていて、そのバリエーションの豊富さも評判の秘密です。ですが、GMOとくとくBB WiMAX 2+が選ばれる一番の大きな要因は、業界最高額のキャッシュバック特典にあります。


それに合わせ、保証内容もしっかりしていて、そう言った点が人気を支える大きな要因となっている訳です。
UQ WiMAXサービスの強みは、通信制限の規制が厳し過ぎないと言うところにあります。他のモバイルインターネットなら、通信制限が怖くて映画など見てられません。大丈夫な事と言えば、5分くらいの動画を数日に一回程度視聴する位ではないでしょうか?そんな中、WiMAXだったら普通に映画が観れますし、一日中ネット番組を流しっぱなしにしても平気です。WiMAXサービスに申し込むと、この利便性の高さに驚かされます。

私がWiMAXと契約後に思ったのが、通信制限がそんなに厳し過ぎないと言うところです。私はワイモバイルからUQ WiMAXへの買い換え組なんですが、速度制限のせいでイライラする状況がありません。
UQ WiMAXサービスにも速度制限はありますが、ギガ放題プランであれば気にするレベルじゃ無くなるのです。(GMOとくとくBB WiMAX 2+の鬼安キャンペーンでWiMAXを安く!にて)

UQ WiMAXを入手すると、WiMAX機器しか必要ないので、部屋の中がすっきりします。光回線だとモジュラージャックとモデムとWi-Fi機器が必要で、その間をケーブルで結ぶ必要性があります。モデムは毎月レンタル料が必要で、月額料金に追加課金されます。
手段として、モデムに無線カードを差し込むと言う方法もありますが、無線カードを使用する際はレンタル料金を取られてしまいます。Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)はキャリアアグリゲーションと言う機能を搭載し、初の下り最大通信速度が220Mbpsに達しているWiMAXの端末として登場しました。
Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)が登場した当時はキャリアアグリゲーションに対応している地域は限定的でしたが、今は対応している地域が広がっています。合わせて、au 4G LTE対応はHWD15から踏襲し、広大なエリアでの通信に対応している部分がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つとなっています。
勿論の事ですが、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルにも対応してて、充電しつつの通信にも対応してます。WiMAX端末の中においては、au 4G LTEと言うauの通信回線を扱えるものもあります。au 4G LTEは人口カバー率が99%と言う利便性の高い通信回線で、広大なエリアで利用出来ます。
それから、800MHzのプラチナバンドを使用していますので、奥まった部分にまで電波が届きます。その代わりに、一度でも使用すると月に1005円の回線使用料が請求されますし、速度制限が普通に掛けられます。
モバイルタイプのインターネットサービスには、WiMAXの他にも色々なサービスがあります。例えばですけど、速度制限無しが強みのぷららモバイルLTEが存在します。

速度制限の無いぷららモバイルLTEではあるのですが、最大通信速度が3Mbpsほどしか出ないのです。
この通信速度って、速度制限時のWiMAXよりも遅いです。
だから、速度制限は無いものの、WiMAXで比べると、ずっと速度制限が掛かっているのと変わりありません。WiMAXサービスと言うと、au 4G LTE通信を使用出来るWiMAX端末も登場しています。

 

au 4G LTEはauの通信回線を使用し、人口カバー率が99%を超えている、とても受信しやすい通信回線なのです。
800MHzと言った低周波数を使うプラチナバンドで、障害物を貫通したり回り込んだりして、奥まった場所にも電波が届きやすいのです。

 

今までのau 4G LTE通信の下り最大通信速度は75Mbpsでしたが、下り最大通信速度が100Mbpsに対応した地域や、下り最大通信速度が150Mbpsに対応している地域も拡がって来ています。
UQ WiMAXサービスには様々な料金プランがありますが、25ヵ月間の契約プランが基本です。それは、25ヵ月間縛りの契約を行なう事によって、25ヵ月間の月々の料金が500円安くなるおトク割と言うキャンペーン特典が付くからです。合わせて、契約から26ヵ月目以降になると長期利用割引が適用されるので、最終的に、ずっと500円安い状態でUQ WiMAXサービスを利用し続ける事になります。
500円と聞くとそんなに大した金額ではありませんけど、割引きは毎月の事ですので、お得感はどんどん重なって大きくなります。WiMAXは幾つかある料金プランの選択が必要です。

プロバイダ毎でそれぞれの料金プランがありますが、大体、2種類の料金プランがあります。

 

その料金プランが何かと言うと、通常プランとギガ放題プランと言う料金プランです。

ギガ放題プランは月々の支払いが少しだけ高額になりますが、思う存分通信を行なう事が出来る料金プランです。
反面、通常プランと言う料金プランの場合は安さが売りですが、速度制限の規制が厳しくなるので、そこは注意しましょう。
どんだけ通信量が必要なのかを検討しながら、自分に合った料金プランを選びましょう。

WiMAXサービスと契約を行う時、様々なキャンペーン特典が付与されます。特に嬉しいのが、公衆無線LANを利用出来るようになるサービスです。UQ WiMAXならばUQ Wi-Fiプレミアム、あるいは、@nifty WiMAXだったら@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスと言う感じのものです。

どんなプロバイダと契約を行っても付いて来るau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスよりも、沢山のWi-Fiスポットと提携しているサービスです。
WiMAXの特性としては、無線通信を行なう事が出来ると言う点が一番大きいです。
無線を使いますから、どこからでもネットアクセスが可能となり、利便性は高まります。それに加え、WiMAX機器はポケットサイズですし、携帯性に優れています。
そんな部分を考慮すると、タブレットとの相性が最高です。
そんな所から、タブレットの無料プレゼントを行っているWiMAXプロバイダもあります。

 

近頃、WiMAXの契約先の中には、独自の保証制度を設けるプロバイダが出て来ています。

例として出すと、Broad WiMAXはご満足保証と言う保証制度を導入しています。

または、GMOとくとくBB WiMAX 2+では20日間の保証制度を採用してます。
どの保証制度にしろ、違約金を支払わずWiMAXの解約手続きを行なう事が出来ると言う制度となります。Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD31)は4×4MIMOと言う機能を搭載し、下り最大通信速度が以前の二倍となる220Mbps出る点が特徴のWiMAX端末です。4×4MIMOと言う機能はWiMAX端末内に装備されている4本のアンテナと、WiMAX基地局に設置された4本のアンテナで4回線の同時通信を行なう技術の事です。

この結果、下り最大の通信速度が以前の110Mbpsと言う速度から、二倍の220Mbpsとなるのです。それに加え、Bluetoothと言う機能にも対応していますから、Wi-Fiよりも少ない電力でテザリングをする事が出来ます。

 

WiMAXサービスを取り扱うプロバイダの中の一つに、So-netモバイルWiMAX 2+と言う名称のプロバイダが存在します。
このプロバイダが展開しているWiMAXサービスですが、12ヵ月間分のセキュリティーサービスをタダで利用する事が出来ると言う点が特徴です。

 

So-netモバイルWiMAX 2+の特典となるセキュリティサービスなのですが、カスペルスキーと言う会社のマルチプラットフォームセキュリティと言う名称のサービスです。

本来は月々500円掛かる有料サービスなので、金額的に6000円くらいのお得感があると言えるでしょう。
月額料金の安いWiMAXのプロバイダとしては、Racoupon WiMAXと言うプロバイダがございます。びっくりするほど月額料金が安いプロバイダですから、あれこれ条件を付けないのであれば、業界最安値のWiMAXのプロバイダと言えます。
しかしながら、auスマートバリューmineに非対応ですから、auでスマートフォンやケータイと契約しているユーザーにしてみれば、ほとんどお勧め出来ないWiMAXのプロバイダと言っても良いでしょう。加えて、電話でのユーザーサポートが平日の10時から18時までしか対応していない為、そんな部分でも気を付けるべきWiMAXのプロバイダと言えます。
WiMAXを利用する時には、注意すべき速度制限が二種類あります。

ひとつめが、月間データ量による速度制限、一般的に言う7G制限と言われているものです。

ふたつめは、混雑回避の為の速度制限と呼ばれるものです。ギガ放題プランで契約することで、ハイスピードモードを設定時の月間データ量による速度制限は免除されます。ではありますが、混雑回避の為の速度制限は適用範囲になります。WiMAXの月額料金ですが、意外にも、契約先によって料金が違います。
具体的に言うと、Broad WiMAXの場合は初めに高額な初期費用が掛かる代わりに、契約期間中は月額料金が値下げされます。
更には、GMOとくとくBB WiMAX 2+やRacoupon WiMAXは月額料金が大幅に安いですけど、申し込み25ヵ月目の月額料金は高くなります。
こう言う風に、それぞれの契約先によって毎月の料金に特徴がありますので、それを把握した上で申し込み先を決めましょう。WiMAXのサービスに申し込んだ事で、私のライフスタイルは一変しました。一番変化が大きかった事は、スマホ通信で7G制限を気にする必要がなくなりました。

 

Wi-Fiテザリングを使用してWiMAX端末でインターネットをするので、スマートフォンの通信量は浪費しなくなった訳です。

そう言う流れで、スマホサイトにムービーが埋め込まれている場合であっても、気にせず普通に観れる状態になりました。

家電量販店で、光回線を勧められました。
でも、WiMAXを使っている私ではありますし、当たり前の事ですが、そんなものは不要です。
と言う事で、断りの意思を伝えたのですが、想定外の返事をされました。
WiMAXと言うと、その日の天気で受信状態が変わるでしょう?でも、今までのWiMAXユーザーとしての経験上、WiMAXが天候に左右されると言う経験は一度もありません。

天候に左右される事は一度もありませんでした。
台風直撃の最中であっても、WiMAXの通信環境に悪影響を及ぼす事はありませんでした。WiMAXのサービスを提供しているプロバイダなのですが、複数あります。各プロバイダで契約内容に違いが出て来ますので、その点、ご注意下さい。

 

具体例を出すと、出来るだけ安くWiMAXサービスを利用したいのであれば、GMOとくとくBB WiMAX 2+と言うプロバイダがお勧めのプロバイダと言う事になります。

このように、それぞれの契約先で契約内容は違いますので、プロバイダ選びは慎重に行なうようにしましょう。

WiMAXに関して調べていると、多種多様の意見があります。例を挙げるとすれば、天気で通信状態が左右されるだとか、そう言った悪評も存在します。とは言えども、WiMAXの基地局の増設に伴ってWiMAXの受信具合は良くなる一方です。と言う訳で、口コミの内容が現在は改善されていると言う事も多々あります。
口コミでWiMAXについてあれこれ調べる場合、投稿日が古いほど信用性が下がると意識するようにしましょう。

ワイマックスと言うネット通信サービスがあるのですが、このインターネットサービスは、通信制限が厳しすぎず、少しは使い勝手が良いです。だから、じっくりと通信を行なう予定があるのならば、ストレスを感じずに利用出来るモバイルインターネットサービスではないでしょうか?帯域制限のストレスが気がかりなのであれば、検討事項にしてみても良いでしょう。WiMAX機器は、年々新製品が開発されます。
個々により機能が異なり、快適さも違います。

そんな中においても衝撃的だったのが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の発売開始です。このWiMAX端末はau 4G LTE通信に対応し、当時はまだ不足していたWiMAXの通信可能範囲を広げる事が出来ました。
WiMAXを利用していて感じるメリットは、幾つか思い浮かびます。
一点目が、モバイルの通信規格と言う点で、好きな場所からネット回線に繋ぐ事が出来る点が挙げられます。二点目が、モバイル回線って事で、ネット回線工事が必要ありません。更には、ネットの開通工事を行なう必要はありませんので、インターネットサービスを安く導入できます。

また、通信規制が緩い点も、なぜWiMAXを選ぶのかと言う理由になります。

WiMAX端末の大きさは、スマホよりも小型です。

ですから、外に持ち出せます。

ポケットに入り切る大きさですし、重さや厚みも大した事なく、お財布と一緒に入れる事もできます。ワイマックス端末は、スマホアプリを使って操作をする事が出来ます。

だから、WiMAXルーターをカバンの中に入れ、その状態で使用する事も出来ます。
WiMAX通信を行なう為の端末は、日々進化を遂げています。
特に、通信速度が速まって、現時点で、220Mbpsと言う脅威の通信速度を叩き出しています。ただし、ここのところは通信速度より、通信量の方が重要視される傾向にあるようです。最新WiMAX機器のWX02やW02も、Speed Wi-Fi NEXT WX01やSpeed Wi-Fi NEXT W01の通信量の表示機能が強化されました。なぜなら、3日間で3GB以上の通信を行ったユーザーに課せられる速度制限、これが以前と比べて厳しくなったからです。
って事で、メーカー及びユーザーとしては、注目がここに集中していると言えます。

WiMAXサービスを提供するプロバイダの一つに、Broad WiMAXというプロバイダが存在します。

Broad WiMAXの特長には、月額の料金が安い部分が挙げられます。それだけ初期費用が高額なのですが、クレジットカード払いの方は初期費用が0円になるキャンペーンが実施されています。

契約から25ヵ月目以降は業界で一番安いプロバイダですから、長く契約を継続する方にはお勧めのプロバイダです。nifty WiMAXでWiMAXサービスの契約を行なうと、Wi-Fiサービスを無料で使用する事が出来るキャンペーン特典が付いて来ます。

対象となるWi-Fiサービスなのですが、nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスとau Wi-Fi SPOTの二種類のサービスとなります。

その中の@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスですけども、UQ Wi-FiエリアとWi2エリアの双方を使用する事が可能になります。

WiMAX端末が手元になくとも使用する事が出来ますし、通信制限も気にしなくて良くなりますので、とても評判の良いインターネットサービスとなっています。
PEPABO WiMAXには、普段3種類の料金プランがあります。28000円の高い現金のキャッシュバックが貰える通常プランや、月々の料金が低価格な通常プランとなる月額割引プラン。他にも、ギガ放題プランを2年の間通常プランの安い月額料金で利用可能な料金プランがあります。

 

時折、もっと月額料金の安いタイムセールと言う料金プランが登場する事もありますが、タイムセールはいつもある料金プランではありません。

タグ: