Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)が登場した当時は

IT 2016年6月07日

Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)はキャリアアグリゲーションと言う機能を実装して、初めての下り最大通信速度が220Mbpsに達しているWiMAX端末としてラインナップされました。

 

Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)が登場した当時はキャリアアグリゲーションに対応するエリアは限定的でしたが、現在は対応しているエリアが広がっています。他には、au 4G LTEと言う通信機能はHWD15から踏襲し、広い地域での通信に対応している点がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つとなっています。

勿論、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルに対応していて、充電しつつのインターネットにも対応してます。

 

Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD31)は4×4MIMOと言う機能に対応して、下り最大通信速度が以前の倍になる220Mbps出る点が特徴のWiMAX端末です。

 

4×4MIMOって言う機能はWiMAX端末内に装備されている4本のアンテナと、WiMAX基地局に設置された4本のアンテナで4回線同時の通信を行なう技術の事です。そのテクノロジーにより、下り最大通信速度が以前の110Mbpsと言う速度から、二倍の220Mbpsとなるのです。その他にも、Bluetoothに対応してますので、Wi-Fiよりもわずかな電力でテザリングをする事が出来ます。WiMAXを利用していて思うメリットは、幾つか思い浮かびます。最初に思い浮かぶのが、モバイルの通信規格と言う点で、どこにいてもネット通信を行なう事が出来ると言う点です。(Speed Wi-Fi NEXT WX01のクレードルセットの強みは?を参照)

 

続いて考えられるのが、モバイル回線って事で、回線工事が不要だと言う点です。
また、ネットの開通工事を行なう必要はありませんので、安くインターネットサービスを導入する事が出来ます。その他にも、通信規制が厳しくないと言う点も、WiMAXを導入する際の利点と言えます。WiMAXサービスを導入した事で、私のライフスタイルは変わりました。
最も変化が大きかったのが、スマートフォンで7G制限を気にする必要がなくなりました。Wi-Fiテザリングを使ってWiMAX端末でインターネットをするので、スマホで使用出来る通信量は消費しなくなった訳です。そう言う流れで、スマホサイトに動画が設置されている場合であっても、ヒヤヒヤせず普通に観れるようになりました。WiMAXサービスを取り扱うプロバイダの一つに、Broad WiMAXってプロバイダがあります。

Broad WiMAXの強みとしては、月額の料金が安い部分が挙げられます。

その分初期費用が高額なのですが、クレジットカード払いの人は初期費用が0円になるキャンペーンが行われています。契約25ヵ月目以降は業界最安値のプロバイダですから、長く契約を続ける人にとってお勧めのプロバイダです。
WiMAXを利用する時に、注意すべき速度制限は二種類あります。

一つ目が、月間データ量による速度制限と言われている、7G制限って呼ばれているものです。
二つ目が、混雑回避の為の速度制限と呼ばれるものです。

 

ギガ放題プランに申し込むことによって、ハイスピードモードを設定時の月間データ量による速度制限は免除となります。

ですが、混雑回避の為の速度制限に対しては適用になります。某電機屋さんで、光インターネットサービスを始めないかと勧誘を受けました。でも、WiMAXを使っている私ではありますし、ご想像の通り、光回線は必要ありません。
と言う事で、断りの意思を伝えたのですが、呆れるような返事が返って来ました。

WiMAXだったら、強風の日とか使えなくなるでしょう?でも、今までWiMAXを使用して来て、天気が荒れる事でWiMAXが受信出来なくなるなんて経験はありません。豪雨の中であっても、WiMAXの通信が遅くなったり、受信具合が悪くなったりと言った事はありません。
Speed Wi-Fi NEXT WX01の後継機に相当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02と言うWiMAX端末は、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりもバッテリー消費を抑える点が改良されたWiMAX端末です。その訳は、Speed Wi-Fi NEXT WX01で新たに導入された4×4MIMOは通信速度が倍になるメリットがある一方で、バッテリー消費が激しかったからです。そんな訳から、Speed Wi-Fi NEXT WX02にはバッテリーの量で判断して4×4MIMOから2×2MIMOへとオートマチックに切り替わる機能となる、バランスモードと呼ばれる機能が新しく導入されました。

 

合わせて、三日間の通信使用量が表示される機能が新しく搭載され、混雑回避のための速度制限への対策がしやすくなりました。
WiMAXサービスを取り扱っているプロバイダの中の一つで、So-netモバイルWiMAX 2+って言うプロバイダがあります。このプロバイダが提供するWiMAXサービスなのですが、12ヵ月間セキュリティーサービスを無料で利用する事が出来ると言う部分が特徴的です。
このセキュリティサービスなのですけど、カスペルスキーと言う会社のマルチプラットフォームセキュリティと言う名称のセキュリティサービスです。本来は月額500円のサービスですから、金額的に6000円くらいのお得感があると言えるでしょう。
WiMAXのサービスを提供しているプロバイダなのですが、幾つか存在します。各プロバイダのキャンペーン特典でお得感に差がありますので、そう言った点で、注意した方が良いです。一つの例ですが、出来るだけ安くWiMAXサービスを利用したいのであれば、GMOとくとくBB WiMAX 2+と言うプロバイダがお勧めのプロバイダと言う事になります。こう言った風に、契約したプロバイダで契約内容が異なるので、間違いの無いプロバイダと契約を行いたいものです。
nifty WiMAXと言うプロバイダでWiMAXの契約をすると、Wi-Fiサービスをタダで使用する事が出来るキャンペーン特典が付いて来ます。キャンペーン対象となるWi-Fiサービスなのですが、nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスとau Wi-Fi SPOTの二種類です。nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスですが、UQ Wi-FiエリアとWi2エリアの双方を利用する事が出来るようになります。

WiMAX端末が手元になくとも利用する事が出来ますし、速度制限も気にしなくて良いですから、とても評判のあるサービスになってます。WiMAXを入手すると、WiMAX本体しか必要ないから、部屋がさっぱりします。光インターネットだと電話線とモデムとWi-Fi機器が必要で、間をLANケーブルで繋ぐ必要性があります。

モデムは毎月レンタル料金が掛かり、毎月の使用料金に上乗せされます。

方法としては、モデムに無線カードを差し込むと言う事も出来ますが、無線カードを使用する際はレンタル料金を取られてしまいます。光インターネットサービスが主流ではありますけれども、モバイルインターネット業界も魅力があり、気になる存在となって来ました。小型のルーターを持ち運んで無線を使ったインターネット通信が可能ですから、とても便利なインターネットサービスとなっています。
使い勝手とは反対に、モバイルは通信状況の信頼性が欠ける感じはあります。ただ、モバイル関連の基地局の数は増える一方ですから、通信を安定した状態で楽しむ事が出来るようになりました。なので、モバイルだからと、悪く無いです。WiMAXのサービスは25ヵ月間の契約が基本になっていて、途中で解約をすると違約金を請求されてしまいます。

 

それほど長い契約期間になっていますので、きちんとしたとこと契約を行いたい所です。

 

うっかり見落とされがちな部分が、各契約先のサポートセンターの応対です。
電話対応が休日は非対応だったり、ナビダイヤルを採用しているプロバイダも少なくないですから、しっかりと判断してから申し込みを行いたいものです。
UQ WiMAXサービスに申し込むと、その機能性の高さに驚かされます。
私がWiMAXと契約後に感じたのが、通信制限が厳し過ぎないと言うところです。自分はワイモバイルからUQ WiMAXへの買い換え組なのですが、速度制限でイライラする事が無くなりました。

UQ WiMAXにも速度制限はありますが、ギガ放題プランで契約すれば気にするレベルでは無くなるのです。

 

WiMAXと言うネットサービスがありますけど、このサービス、通信制限の規制具合が厳しすぎない点がポイントとなります。
って事で、余裕のあるインターネットの通信環境を手にしたいのであれば、特に気になるモバイルサービスでは無いでしょうか?速度制限のストレスから解放されたいと言う方は、検討してみましょう。

WiMAXに関して調べていると、良い意見ばかりではありません。一つの例として、全然実用レベルではないだとか、そう言った意見もあるにはあります。
ただし、WiMAXの受信状況は日々向上しています。

 

と言う事で、実際の状況と口コミの内容は、異なる事が多いです。

WiMAXに関する口コミを読む際は、いつ投稿されたかまで確認した方が良いでしょう。

近年のWiMAXサービスと言えば、au 4G LTE通信を使用出来るWiMAX端末も登場しています。

 

au 4G LTE通信はauの通信回線を使用し、人口カバー率が99%を超えると言う、とても受信しやすい通信回線なのです。800MHzと言う低周波数域を使用したプラチナバンドなので、障害物を貫通したり回り込んだりするので、奥まった位置にも電波が行き渡りやすいです。

今までのau 4G LTEの下り最大通信速度は75Mbpsでしたが、下り最大通信速度が100Mbpsに対応した地域や、下り最大通信速度が150Mbpsに対応している地域も拡がっています。人気のWiMAXとは言えども、速度制限に注意しながら使用する必要があります。他のモバイルインターネットサービスと比べ、そこまで厳しい速度制限を掛けていないのがWiMAXです。

とは言っても、通信のし過ぎは速度制限の対象となってしまいますので、通信し放題だと勘違いしないようにしたいものです。しかし、速度制限が掛けられてしまったケースであっても、動画位であれば、普通に見る事が出来ます。WiMAXサービスを提供するPEPABO WiMAXと言うプロバイダは、普段は3種類の料金プランがあります。
28
000円の高い現金キャッシュバックが受け取れる通常プランや、月額料金が低価格な通常プランである月額割引プラン。
更に、ギガ放題プランを2年の間通常プランの安い月額料金で利用可能な料金プランがあります。ちょこちょこ、もっと月額料金の安いタイムセールと言う料金プランが登場する事もありますが、タイムセールはいつもある料金プランと言う訳ではありません。UQ WiMAXのサービスには様々な契約プランがありますが、25ヵ月間契約が基本です。

その訳ですが、25ヵ月間継続の契約をする事で、25ヵ月間の月額使用料が500円安くなるおトク割と言うキャンペーン特典が付いて来るからです。しかも、契約から26ヵ月目以降になると長期利用割引が適用される為、最後には、ずっと500円安い状態でUQ WiMAXサービスを利用し続ける事が出来ます。500円と聞くとそんなに大した金額ではありませんけど、値引きが適用されるのは毎月の事ですので、お得感はどんどん重なって大きいものとなります。WiMAXサービスの提供元は、auの子会社のUQコミュニケーションズです。って事で、auと連携したサービスが複数存在します。そんな中で代表的なのが、auスマートバリューmineと言うサービスです。WiMAXの契約を行った後にauで手続きを行なえば、auの月額料金が割引きされるサービスです。モバイルのインターネットサービスには、WiMAXの他にも様々なサービスがあります。一つの例として、速度制限を気にせず利用する事が出来るぷららモバイルLTEがあります。速度制限の無いぷららモバイルLTEなのですが、通信の早さは3Mbps程度しか出ないです。

ぷららモバイルLTEの通信速度なのですが、速度制限時のWiMAXよりも遅いです。だから、速度制限は無いと言うウリ文句ではありますが、WiMAXと比べると、速度制限状態でずっとインターネットを利用するようなものです。月額料金の安いWiMAXのプロバイダとして、Racoupon WiMAXが挙げられます。
驚くほど月額料金が安いプロバイダですから、あれこれ条件を付けないのであれば、業界で最も安いWiMAXのプロバイダと言えます。

 

だけれども、auスマートバリューmineには非対応ですから、auのスマートフォンやケータイを契約しているユーザーにとっては、あまりお勧め出来ないWiMAXのプロバイダと言っても良いでしょう。
しかも、直接のユーザーサポートが平日の10時から18時までしか対応していませんので、そんな部分でも気を付けるべきWiMAXのプロバイダと言う事になります。

WiMAXの通信を行なう事の出来る機器は数種類ラインナップされています。新製品が次々と登場し、WiMAX端末のスペックは徐々に上がって行っています。

例として、WiMAX回線のみに対応していたWiMAX端末が、2種類の通信回線であるWiMAX 2+回線やau 4G LTE回線も追加されました。
その上、通信速度が毎年速くなっています。
キャリアアグリゲーションや4×4MIMOと言う技術が導入された際も、通信速度が110Mbpsから220Mbpsへと向上しました。確かにWiMAXには通信制限がありますが、それほどハードなものではありません。

 

ギガ放題プランにて契約すれば、ハイスピードモードに対する月間データ量による速度制限がありません。
また、混雑回避の為の速度制限の時も、他のモバイルインターネットサービスの3倍もの通信量を利用する事が出来ます。速度制限時であっても、動画の視聴が出来る通信速度は維持されます。
WiMAXと言うインターネットサービスの特長としては、無線通信を行なう事が出来ると言う点が一番大きいです。

 

無線を使うと言う事で、どこからでもインターネットアクセスが可能となります。

重ねて、WiMAX端末は小型ですので、携帯性に優れています。
そんな部分を考えると、タブレットとの相性が抜群です。そう言う理由で、プロバイダによってはWiMAXとタブレットをセット売りしているところもあります。
WiMAX機器の大きさは、スマートフォンよりも小さいです。と言う訳で、持ち出しするのにちょうどいいです。

ポケットからはみ出さないサイズですし、重量や厚みも大した事なく、お財布と一緒に入れる事もできます。

 

ワイマックス通信機は、スマートフォンアプリで操作可能です。ですから、WiMAXルーターをカバンの中に入れ、そのまま使用する事も出来ます。WiMAXサービスと契約を申し込む時、様々なキャンペーン特典が付いて来ます。中でもお勧めなのは、公衆無線LANサービスです。

 

UQ WiMAXだとUQ Wi-Fiプレミアム、そして、@nifty WiMAXだったら@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスと言った感じのものです。どんなプロバイダと契約を行っても付いて来るau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスよりも、沢山のWi-Fiスポットと提携しているサービスです。

WiMAXサービスを運営しているプロバイダの間において、評判のプロバイダの一つとしてGMOとくとくBB WiMAX 2+が挙げられます。GMOとくとくBB WiMAX 2+は様々なキャンペーンを展開しており、そのバリエーションの豊富さも人気の秘密です。
そればかりか、GMOとくとくBB WiMAX 2+が選ばれる最も大きな理由は、業界でも最高額のキャッシュバック特典が挙げられます。なおかつ、サポート体制もしっかりしてるので、それが評判を支える大きな部分となっているのです。

 

 

タグ: