次世代のインターネットサービスと言う事で

IT 2016年6月05日

WiMAXサービスの月額料金ですけど、実際の所、契約先で金額が違います。具体的な話、Broad WiMAXの場合は初めに高い初期費用が掛かる代わりに、ずっと毎月の料金が値下げされます。更には、GMOとくとくBB WiMAX 2+やRacoupon WiMAXは月額料金がとても安いですが、申し込み25ヵ月目の月額料金は高額になります。こんな風に、それぞれの契約先によって毎月の料金に特徴がありますので、それを把握した上で申し込み先を決めましょう。Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD31)は4×4MIMOに対応して、下り最大通信速度が従来の二倍となる220Mbps出る部分が特徴のWiMAX端末です。


4×4MIMOとはWiMAX端末内に装備されている4本の受信器と、WiMAX基地局に設置された4本の受信器で4回線の同時通信を行なうテクノロジーの事です。この結果、下り最大の通信速度が従来の110Mbpsと言う速度から、二倍の220Mbpsとなる訳です。他には、Bluetoothに対応してますから、Wi-Fiよりもわずかな電力でテザリングをする事が出来ます。

次世代のインターネットサービスと言う事で期待感の高まるWiMAXではあるものの、速度制限に関して注意が必要です。他のモバイルインターネットサービスと比較すると、厳しい速度制限を設けていないのがWiMAXです。(So-net モバイル WiMAX 2+のキャンペーンは二種類!?より)

だけども、速度制限が全く無いと言うことではありませんから、そう言う配慮も必要となります。

しかし、万が一速度制限に掛かってしまっても、そこまでシビアなインターネット環境になる事はありません。

 

UQ WiMAXサービスの醍醐味は、帯域制限の規制が厳し過ぎないと言う部分にあります。

 

他社のモバイルインターネットサービスなら、通信制限が恐ろしくて映画など見てられません。

 

大丈夫な事と言うと、5分程度の動画を数日に一回程度観る位ではないでしょうか?だけど、WiMAXだったら普通に映画が観れますし、24時間ネット番組を流しっぱなしにしても平気です。
WiMAX通信機は普通の価格が20000円しますし、クレードルのセットで22750円もします。
結構な価格となりますので、WiMAX導入の際の足かせになってしまいます。そんな訳で、それぞれのプロバイダではWiMAX端末のプレゼントキャンペーンを行っています。
プロバイダによってはクレードルセットで無料の所もありますので、そう言うプロバイダを選択すると良いです。月額料金の安価なWiMAXのプロバイダとしては、Racoupon WiMAXと言うプロバイダがございます。驚くほど月々の費用が安いプロバイダですから、色々と制約を付けないのであれば、業界で一番安いWiMAXのプロバイダと言えます。

 

でも、auスマートバリューmineには非対応なので、auでスマートフォンやケータイと契約しているユーザーにしてみれば、あまりうまみのないWiMAXのプロバイダとなります。

そして、電話でのユーザーサポートが休日以外の10時から18時までしか対応していない為、そんな部分でも気を付けるべきWiMAXのプロバイダと言う事になります。WiMAXの通信を行なう為には、専用の通信回線が必要です。新製品が次々と登場し、新しい機能を持ったものが次々と出ています。
WiMAXの通信回線もそうで、元々はWiMAX回線しか無かったのですが、WiMAX 2+回線やau 4G LTE回線が新機能として追加されました。

他には、通信速度の向上が目まぐるしいです。

キャリアアグリゲーションや4×4MIMOと言う技術が採用された際も、通信速度が220Mbpsへと速くなりました。WiMAXの特性としては、インターネットの利用を無線で行なう事が可能だと言う利便性にあるでしょう。無線を使用しますから、好きな場所でインターネットを行なう事が出来ます。

 

それに加えて、WiMAX端末はポケットサイズですから、持ち運び性に優れています。諸々の点を考えると、タブレットとの組み合わせが最高です。と言う事なので、WiMAXの契約の際にタブレットとのセットを購入するのも良いでしょう。nifty WiMAXでWiMAXの契約をすると、Wi-Fiサービスを無料で利用する事が出来るキャンペーン特典が付いて来ます。

 

対象のWi-Fiサービスですが、具体的には@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスとau Wi-Fi SPOTの二種類のサービスです。nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスですが、UQ Wi-FiエリアとWi2エリアの両方を使用する事が出来るようになります。WiMAX端末が手元になくとも利用する事が出来ますし、速度制限も気にしなくて良くなりますから、とても評判のあるサービスとなっています。
WiMAXを利用していて思うメリットは、複数あります。

まず思い付くのが、モバイル回線って事で、好きな場所からインターネットを行なう事が可能なのです。次に、無線のネット回線なので、ネット回線工事が必要ありません。加えて、モバイル通信と言う事で、安くインターネットを導入でき、月々の通信費は安くなります。

更に、通信量による速度制限が厳しくないところも、WiMAXを選択する理由と言えます。
WiMAXと言うネットサービスがありますけど、このインターネットサービスは、速度制限が厳しすぎず、ある程度使い勝手の良い点が特長となります。

と言う訳で、結構、インターネットの利用を行なうと言う人ならば、最もお勧めのモバイルインターネットサービスとなります。帯域制限を気にせずにインターネットを行いたいというのであれば、考えてみてはいかがでしょうか?UQ WiMAXを手に入れると、WiMAX端末しか必要ないので、部屋の中がすっきりします。

 

光回線だとモジュラージャックとモデムと無線ルーターが必要で、その間をケーブルで繋ぐ必要性があります。
モデムは月々レンタル料が掛かり、月々の料金に追加課金されます。方法としては、モデムに無線カードを差し込む事も出来ますけど、無線カードを使用する際はレンタル料を請求されてしまいます。Speed Wi-Fi NEXT WX01のニューモデルに該当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02と言うWiMAX端末は、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりバッテリー消費を抑える点が改良されたWiMAX端末です。その理由として、Speed Wi-Fi NEXT WX01で新たに導入された4×4MIMOは通信速度が倍になるメリットがあるものの、バッテリー消費が著しかったからです。

 

ですので、Speed Wi-Fi NEXT WX02にはバッテリーの残量に応じて4×4MIMOから2×2MIMOへと自動的に切り替わる仕様になる、バランスモードと言う機能が新しく導入されました。
合わせて、三日間の総通信量がディスプレイされる機能が新しく搭載され、混雑回避のための速度制限に対する対応が取りやすくなりました。
WiMAXサービスのプロバイダの間において、評判のプロバイダの一つにGMOとくとくBB WiMAX 2+があります。GMOとくとくBB WiMAX 2+は色々なキャンペーンを展開しており、そのラインナップの多さも評判の秘密です。だけど、GMOとくとくBB WiMAX 2+が選択される一番の大きな要因は、業界でも最高額のキャッシュバック特典にあります。
更には、保証体制もしっかりしているので、そう言った点が人気を支える大きな要因となっている訳です。Speed Wi-Fi NEXT W01はキャリアアグリゲーションを搭載し、初めての下り最大通信速度が220Mbpsに達しているWiMAX端末として登場しました。
Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)が発売された当初はキャリアアグリゲーションに対応している地域は限定的でしたが、現在は対応エリアが広がっています。

合わせて、au 4G LTEと言う機能はHWD15から受け継ぎ、広大な地域での通信に対応している点がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つとなっています。勿論の事ですけど、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルと言う専用の充電台にも対応してて、充電しつつの通信にも対応しています。確かにWiMAXには速度制限がありますけど、そんなに厳しいものではないです。ギガ放題プランへ申し込むと、ハイスピードモードに対する月間データ量による速度制限がないです。また、混雑回避の為の速度制限の場合も、他社モバイルインターネットサービスの3倍の通信量を利用する事が出来ます。

帯域制限の時であっても、動画を観る事が出来る通信の速さは維持されます。
WiMAXサービスは料金プランが幾つかあります。
プロバイダ毎にプランの種類はあるものの、ざっくりと分けると2種類に分類する事が出来ます。気になる料金プランについてですが、ギガ放題プランと通常プランと言う料金プランです。ギガ放題プランは月額料金が高いですが、月間通信量による速度制限の無い料金プランとなります。対して、通常プランは月額料金の負担が少ないものの、速度制限の規制が厳しくなる分、使い勝手は悪くなります。自分のインターネットの使い方を検討しつつ、料金プランの選択を検討すると良いでしょう。UQ WiMAXサービスには色々な料金プランがありますけど、25ヵ月間契約が基本です。

 

と言うのも、25ヵ月間縛りの契約を行なう事で、25ヵ月間の月額料金が500円分割引きになるトク割と言うキャンペーン特典が付いて来るからです。なおかつ、申し込みから26ヵ月目以降になると長期利用割引が適用される為、終いには、契約期間中ずっと500円安い状態でUQ WiMAXサービスを利用し続ける事になります。500円と聞くと高額な金額ではありませんが、値引きが適用されるのは毎月の事ですので、リーズナブル感は積もり積もって大きくなります。

 

WiMAXと契約を申し込む時、様々なキャンペーン特典が付与されます。

中でも嬉しいのは、公衆無線LANを使用出来るようになるサービスです。UQ WiMAXの場合はUQ Wi-Fiプレミアム、あるいは、@nifty WiMAXなら@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスと言ったようなものです。どんなプロバイダと契約をしても付いて来るau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスよりも、沢山のWi-Fiスポットと契約しているサービスです。

WiMAXサービスを提供するプロバイダの一つに、Broad WiMAXってプロバイダがあります。Broad WiMAXの特性としては、月額の料金が安い点があります。その分初期費用が高いのですが、クレジットカード払いの人は初期費用が無料になるキャンペーンが実施されています。契約25ヵ月目以降は業界で一番安いプロバイダなのですから、長い期間契約を続ける方にはお勧めのプロバイダとなります。
WiMAXを提供するプロバイダですが、何社かあります。それぞれのプロバイダでキャンペーン特典が異なりますので、その部分は、注意した方が良いです。

例として、ある程度の高額キャッシュバックと安心感の両方を希望する方は、BIGLOBE WiMAX 2+がお薦めです。
この様に、各キャンペーン毎に契約内容は違いますから、お得なプロバイダと契約を行なうようにしましょう。
WiMAXサービスを取り扱っているプロバイダの中に、So-netモバイルWiMAX 2+ってプロバイダがあります。このプロバイダが展開するWiMAXサービスですが、1年間セキュリティーサービスを無料で利用する事が出来ると言う点が特徴です。

 

So-netモバイルWiMAX 2+の特典となるセキュリティサービスですが、カスペルスキーと言う会社のマルチプラットフォームセキュリティと言う名称のセキュリティサービスです。本来は月々500円掛かる有料サービスなので、金額的に6000円くらいのお得感になると言えます。WiMAXと言うモバイルサービスの提供元となるのは、auの子会社になるUQコミュニケーションズなのです。

 

と言う訳で、auと連携したサービスが複数存在します。
その中で特徴的なのが、auスマートバリューmineと言えます。

WiMAXサービスの契約を行った後にauショップにて手続きを行なうと、auのサービスの月額料金が安くなるサービスです。WiMAX通信を行なう端末は、毎回新しい機能が追加されたものがラインナップされています。
例えば、通信速度の向上が際立って、今のところ、220Mbpsもの下り最大通信速度が出ます。
しかしながら、ここのところは通信の速さよりも、通信量の表示機能に対して注力されているようです。

新しいWiMAX機器のSpeed Wi-Fi NEXT WX02やSpeed Wi-Fi NEXT W02も、WX01やW01の総通信量の表示機能が強化されたと言う形で発売されています。
どうしてかと言うと、混雑回避の為の速度制限と呼ばれる3日間で3GB以上の通信を行った場合の速度制限と言われる3日間で3GB以上の通信を行ったユーザー対象の速度制限、これが厳格になってしまったのが原因です。

だから、製造会社や使用者としては、ここに敏感になっているのです。WiMAXを利用する際には、注意する速度制限が二つあります。まずは、月間データ量による速度制限、俗に言われる7G制限って呼ばれているものです。

 

二つ目が、混雑回避の為の速度制限と呼ばれるものです。ギガ放題プランへ申し込むことで、ハイスピードモードを使用時の月間データ量による速度制限は免除されます。

ですが、混雑回避の為の速度制限は適用となります。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後継機として登場したWiMAX機器が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15ってWiMAX端末です。
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の持っている特徴としては、WiMAXとWiMAX 2+とau 4G LTEの三つの通信回線を使い分ける事が出来ると言う点があります。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーと言う機能に対応し、従来のWiMAX機器のWiMAX通信と比べると、一回りくらい広いエリアでの通信に対応しています。加えて、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はクレードルと言う専用の充電台に対応している部分が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14との大きな違いな訳です。WiMAXに申し込めば、その機能性の高さに驚かされます。
私がWiMAXと契約後に感じたのが、速度制限がそんなに厳し過ぎないと言う部分です。
私はワイモバイルからUQ WiMAXへの乗り換え組なのですが、速度制限のせいでイライラする状況がありません。
UQ WiMAXにも速度制限はありますが、ギガ放題プランで契約すれば気になるレベルでは無くなるのです。WiMAX通信専用の通信機器は、次々と新しいものが開発されます。

それぞれによって機能が異なり、快適さも違います。中でも驚いたのが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の発売です。このWiMAX機器はau 4G LTEに対応し、当時はまだ不足していたWiMAXの通信可能範囲を広げる事が出来ました。電器屋で、光インターネットの勧誘を受けました。私にはWiMAXがありますから、勿論、光回線の契約は考える余地も無いです。
WiMAXユーザーなので必要ないと答えたところ、びっくりする回答をされました。

 

WiMAXなんか、その日の天気で受信状態が変わるでしょう?とは言うものの、私の今までのWiMAX経験からすれば、WiMAXが天候に左右されると言う経験は一度もありません。
強風で家が揺れる位の日もありましたが、WiMAXの通信速度が落ちたり等と言った経験は一度足りともありません。

現在、WiMAXサービスのプロバイダの中に、オリジナルの保証制度を用意するプロバイダが出て来ています。例として挙げれば、Broad WiMAXではご満足保証と言う保証の制度を導入しています。並びに、GMOとくとくBB WiMAX 2+は20日間の保証制度を採用しています。

どっちの保証制度にしても、違約金を支払わずにWiMAXの解約手続きを行なう事が可能な制度になります。

 

タグ: