夏の肌ケア

その他 2016年5月29日

夏場の肌ケアは、何を注意するといいでしょうか。肌を紫外線の影響から守ることが、夏のスキンケアの要です。紫外線対策ケアに力を入れるようにしましょう。紫外線は肌表面の角層の水分を奪い、新しい細胞を作るための土台であるコラーゲンを破壊します。気温が高いために夏はよく汗をかきますが、

汗と共にお肌を維持するための成分も出て行ってしまいます。室内は空調が整っているために、空気が乾燥して皮膚の水分が失われていきます。夏の肌は刺激に弱い状態になっていますので、スキンケアをしっかり行うことが大事です。厚い角膜層をつくることで、夏の肌は外部からの刺激から自身を守ろうとします。不要な角質はピーリングやゴマージュで除去してください。導入美容液を化粧水の前に皮膚につけることで、夏のケアをすることが可能です。導入美容液が化粧水の通り道を作ってくれるので、化粧水などの肌ケアがしやすくなります。肌ケアを受け入れてくれる肌作りが完成したら、たっぷりの化粧水で保湿をします。化粧水を最初につけて肌の保湿をしっかり行ってから、保湿にいい成分が使われている化粧水を使います。夏場のスキンケアで大事なことは、いきなり乳液などを使わず、まず肌のコンディションを整えることです。化粧水をつけ、乳液を使う前に美容液を利用するのもいい方法です。夏は皮膚が弱くなりがちですが、だからこそ肌ケアが大事です。
脱毛ラボ