住宅ローンの借り換えにかかる手数料

生活 2016年3月28日

住宅ローンの借り換えをする時に、案外とおろそかにできないものが手数料です。手数料が、借り換えの得を相殺する可能性すらあります。借り換え時にかかる諸費用は金融機関によって差があるので、申し込みをする前にしっかり確認することが大切です。金利の低さだけで借り換え先を決めたとしても、借り換えの経費が高くつけば、結局はお得にならないことがあります。住宅ローンの借り換え時に発生する諸経費とは、保証料や、事務手数料で、これは借入とは別に発生します。特に、都市銀行や、メガバンクは保証料がかなりの金額になりますので、確認しておかなければ後々大変なことになります。インターネット上の銀行は、保証料は0円というところが少なくありません。ただし、ネット銀行は事務手数料が多めに加算されていますので、借り換え時の手数料が安くなるとは一概には言えません。ネット銀行では保証料がゼロとなっていても、総合的な諸費用はメガバンクや都市銀行とかわらないこともあるので注意が必要になります。また、案外と忘れられやすいことが、最初の住宅ローンで保証料を一括で支払っていた時には、繰り上げ返済をするとその保証料が返ってくることがあるというものです。保証料が戻ってくることも考慮に入れた上で、住宅ローンの借り換えをしたほうがいいかどうかを調べてください。保証料は、繰り上げ返済をすることで一部が返ってくる可能性がありますが、事務手数料は返金される見込みはありません。住宅ローンの借り換えを考える時は、返済額だけに気をとられるのではなく、返金されるかもしれない保証料など、諸経費のことも考えてください。浮気調査 探偵