貧血予備軍とホルモンバランスの関係

健康 2016年2月28日

貧血になる可能性としては、鉄分が足りない場合があります。1日に必要な鉄分というのは、十分に取っておくと貧血になりにくくなるケースがあります。

貧血予備軍と言った状態の人は意外にも多いと言われています。男性の場合には、貧血になりにくいとも言われていますが、女性の場合は、男性と比べると貧血になりやすいと言った理由があります。

このように貧血になる理由としては、男性ホルモンの量の違いによって起こるとも言われていますが、男性ホルモンは、女性ホルモンと比べると血液を新たに血液をつくる指令を活発にすることが出来るので、男性ホルモンが多い場合には、貧血になりにくいと言った特徴があります。

この為、男性ホルモンが少ない女性の場合には、貧血になりやすいと言った傾向がありますが、さらに、女性の場合には、毎月、生理によって貧血になりやすいと言った特徴があります。

実際に、成人女性の場合には5人に1人は貧血予備軍だと言われているので注意が必要です。