クレジットカードの支払い期限を把握しておくこと

生活 2016年2月26日

クレジットカードの支払い自体は自分が買ったものですので、期日までに必ず精算していきましょう。

一日でも支払い期日を過ぎると延滞になってしまいますので、支払期限は必ず守るように心がけましょう。支払い期限に返済が出来ていないと、クレジットカード会社から催促の電話が入ってきます。クレジットカード会社側から連絡をもらってお金を入れていると、相手側の心象を大きく損ねることになります。相手側から連絡が来るのを待つのではなくて、支払いが滞りそうな時は自分から金融会社に連絡をして、事情を話すといいでしょう。同じ滞納状態でも、クレジットカード会社から電話をもらうのか、こちらから電話をするかは、事情が異なるといえるでしょう。

今後とも、そのクレジットカードを使い続けてるつもりなら、相手といい関係を築いておくために、関係性は大事にすることです。支払い期限を1日から2日ぐらいの延滞であり、悪意が無いと判断してもらえれば、そのままクレジットカードが使える場合がほとんどです。何も連絡もせずに、支払い期限を何日も過ぎて放置したままにしておくと、クレジットカードの使用が停止になってしまいます。もしも、返済時に何らかのトラブルが起きた場合には、残りの金額をまとめて返済するように言われることもあると言われています。引き落とし用の口座に、常に一定額のお金を入れて置いたり、月々のカードの利用金額をチェックするなどして、支払いを滞らせないようにすることです。クレジットカードの支払いをスムーズに行うことができず、長期の滞納という事態になってしまうと、その記録が信用情報会社に残ることになり、以後の審査に不利に働いてしまいます。http://www.scubamar.com/