花粉症の季節

健康 2016年2月25日

花粉は関東から東海までを例にとると、2月ころから花粉の飛散が始まり、4月下旬に一度、少なくなります。これはスギ花粉が原因になります。

そして、次にヒノキ花粉のシーズンが始まり、5月末まで続きます。
その症状はくしゃみ、鼻水、涙、鼻づまり、さらに目のかゆみなどといった症状に悩まされます。

さらに飛散量に比例してその症状は悪化することもあるほどです。

私の職場の人も2月になると、目がなんとなくかゆくなると言い、3月に入ると、鼻水が止まらないと、ティッシュペーパーを机の上に置いて、花粉症と戦っています。

花粉症の人は洗濯物を外に干すこともできずに、部屋干しになってしまいます。
私が先に出勤して、空気の入れ替えをしようものなら、大変な騒ぎになります。

先日も最近の花粉症の薬って眠くならないから、早めに行かなければ。と言っていました。・

でも、花粉症の薬を飲んだところで、また来年も苦しめられるのかなぁと思っています。
それよりも花粉症にならないからだ作りが出来れば、いいのに。と。

 

花粉症 酵素