バストアップに効く食品の代表は大豆製品

美容 2015年12月25日

バストアップに効く食品はたくさんあります。
中でも一番有名で取りやすいのは大豆製品ですね。


大豆製品には大豆イソフラボンがたくさん含まれているのですが、それが女性ホルモンである「エルトロゲン(卵胞ホルモン)」と同じような働きをするのです。
エストロゲンは女性ホルモンというだけあって、女性の生理周期のバランスをとってくれたり、胸の皮下脂肪を増やしてくれます。
それによりコラーゲンの生成を促すので、コラーゲンと言えば美肌というくらい、女性にとっては欠かせないホルモンです。
美肌になってバストラインも整えてくれるので、積極的にとりたい成分ですね。
1日あたりの理想的なイソフラボン摂取量は約70~75mgが目安です。
といってもどれくらいかわからないですよね?
豆乳だったらコンピニとかでよく売っている200ml1本くらいです。
お豆腐なら約1丁(300g)になります。
ただ注意して欲しいのは、いくら良い成分だといっても摂り過ぎてしまうと逆効果です。
摂り過ぎることにより女性ホルモンのバランスが崩れて、生理不順や不正出血などの症状が出てしまうので注意しましょう。

ハニーココ 効果