オークションと中古車販売

その他 2015年12月17日

インターネットのインフラのおかげで、中古車の流通も劇的に変化しました。

数十万台、数百万台の中古車のデータが管理され、映像とともに実車を見ないで売り買いがされているというわけです。

いくらなんでも実車を見ないで買うなんてできないだろうと誰もが思うところですが、ちょっとここで考えてみましょう。

それは車の査定士でもない人が中古車の品質を明確に見分けることができるのかという事です。

正確にその車の品質をジャッジできるのか、修復痕を見つけ出せるのか。

巧妙に修復され、ピカピカに磨かれた車をまえにしたら正確な判断はできないでしょう。

実はオークション会場に出品されている車にはすべて出品票が用意されていて、そこにはその車の状態が書かれているのです。

冒頭のデータが蓄積されていますので、その車の車検時、もし以前にオークションに出品されていれば例えば走行距離など、改ざんされていればあっという間にわかるのです。

そしてわかりやすい点数がつけられ手織り、その点数を目安にして購入した方が間違いがないのだというのです。

車 下取り

 

 

タグ: ,