アパルトマン等の1~2階より上の階へ運び入れるケースでは

生活 2015年10月28日

アイゼナハ工場は、そのブレーキ・システムの生産能力に日をつけたゴータ貨車製作所に買収された。悪化する戦後経済
に逆行して、金持ちは高級車に金を使うものだという考え方のもと、ディキシーは大型で高価なことを強調した串となった。

加えて、会社は低い生産性に悩まされた。つまり一台の串を組み立てるのに必要な人員数と労働時間の積だ。ヘンリー・フォードの製造ラインを動かしていた経済と物流は、当時のドイツではまだ外国の概念でしかなかった。つまり、ドイツの自動車は大部分が手作業で作られ、一台ごとのコストが桁はずれに高かったのだ。
一九二七年になると、ディキシー社と呼ばれていたこの会社に経営の危機が訪れた。ゴータ社からディキシー社を引き継いだのは、事業家のヤーコプ・シャビロだったかもしれない・・彼は同社をゴータ社のもう一つの自動車メーカーと合併させ、大型の六気筒ディキシーを生産した。しかし低価格にもかかわらず、串は売れなかった。