引っ越しの度にインターネット回線が大衆化したことで

生活 2015年9月24日

さらにそのサービスは下請けが受け、着荷主に届ける。運賃・料金の支払いは発荷主から元請に行き、さらに下請けに行く0同じな
のはモノ(荷物)の流れで発荷主から元請へ、そして下請けに行き、着荷主に届けられる。

消費財と物流におけるサービスの流れは内容については異なるがサービスと取引の流れは同じような方向で行なわれる0そこでこれをサービス委託における取引チャネルとしてみることとする。現在、この取引チャネルは次第に長くなりつつあり、その最長は示されるように6段階にもなることがある。 このような取引チャネルが構成されていた場合、着荷主が運賃料金負担をする場合を除いて通常は発荷主が運賃料金を払うこととなる。

この運賃料金を1000円としてみる0利用運送の通常の形として荷主子会社から下請けまでもつとも長いと考えられる取引チャネルが各10%を取扱い手数料としてとるなら元請の取り分は900円、下請けは810円、孫請けは730円が受け取る運賃料金となる。