血行不良が原因の青グマのケア方法

美容 2015年5月15日

目の下のクマは、黒グマ、茶グマ、青グマなどがあり、原因がそれぞれ違います。青グマは血行不良が原因とされ、発生率が最も高いとも言われています。

睡眠不足、ストレス、眼精疲労、ドライアイ、体の冷えなどが引き起こす血行不良です。

目の下はとても薄い皮膚に覆われており、さらにその下には毛細血管が多く存在します。

血行が悪くなれば、その影響で青白く見えてしまうのは当然のことです。

青グマは目、肩、首のコリが原因の血行不良でも発生しますから、十分な休息を取って、疲れを蓄積しないようにしましょう。といっても、すぐに生活を改善するのは難しいものです。

ヌレヌレ グロス

今すぐケアできる方法を参考に、青グマの解消をしていきましょう。一番簡単なケア方法は、温かい蒸しタオルを目周辺にあてることです。

温かい蒸しタオルは電子レンジでも作れます。ホットマスクと呼ばれるこの青グマのケア方法は、温かいタオルの他に冷たいタオルも用意しておくと血行促進効果が高まります。冷たいタオルは保冷剤を使えば簡単に作れます。

青グマができてしまったら、温かいタオルと冷たいタオルで30秒ずつ目元に交互に充てるだけでもケアできます。血行促進のためのマッサージも併用するとさらに青グマを解消しやすいです。